最近のコメント

最近のトラックバック

« 5/18(土)の<第131回 鳥のサイエンストーク>は「世界のトキ 1桁から5桁への復活」 | トップページ | 野鳥生活 UVステッカーの新柄を入荷しましたよ »

12月の九州ツアーの受付が開始されました!

ツルをはじめ、たくさんの鳥が見られる毎年恒例のツアーが公開されましたよ!

<有明海から日本最大のツルの渡来地・出水へ(2024年12月15~19日)>

Saoyuu520


くわしくは西遊旅行のウェブサイトをご覧頂きたいのですが、日本を代表する東与賀干潟(佐賀県)、ハイイロチュウヒやツリスガラなどが越冬する広大な諫早干拓地(長崎県)、1万羽のツルが越冬する出水(鹿児島県)を5日間かけて巡ります。

冬の九州を訪ねたことがないという方も多いでしょうが、本州とは鳥類相が大きく異なり、関東にお住まいの方は驚かれると思いますよ。

冬と言えば北海道...を思い描く方も、「冬は九州!」に変わるかもしれません。

毎年、5日間で100種前後が観察されるのですが、撮影チャンスも多いですよ!

今年も、私・吉成がご案内させて頂きます。

詳しくは、過去のツアー実績を紹介した西遊旅行のレポートをご覧くださ~い。

ちょっとだけ写真も紹介しておきますね。

(各写真をクリックすると、きれいに見られます)
Image001
トモエガモの大群

Image003
カササギ

Image0291
ハイイロチュウヒ♀

Image0271
カツオドリ

Image025
コクマルガラスとミヤマガラス

Image021
月とツル

Image037
ヘラサギ


よく、「初心者なのでツアーは敷居が高い」という方がいますが、逆ですからね。

とくに私がご案内するツアーは、初心者の方でも楽しんでいただけるように考えています。

お気軽にお出かけくださいね。

せっかく行くのですから、事前の機材類の相談も遠慮なくどうぞ!

<有明海から日本最大のツルの渡来地・出水へ(2024年12月15~19日)>

 

それと、8月の<OMシステム協賛・富士山&アオバトツアー>は満席で締め切られましたが、11月の<日光&会津のヤマセミツアー(11月5~8日)>は受付中です。

目の前に現れるであろう、ヤマセミ撮影(観察だけも可)を2日間も行うという、なんとも贅沢なツアーは、撮影に不安のある方でも大丈夫です。

大砲レンズを持参する方は、ほぼおらず肩にかけられるカメラ&レンズで撮影する方がほとんどです。

もちろん、撮り方のレクチャーもありますので、安心してご参加してくださいね。

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 5/18(土)の<第131回 鳥のサイエンストーク>は「世界のトキ 1桁から5桁への復活」 | トップページ | 野鳥生活 UVステッカーの新柄を入荷しましたよ »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ