最近のコメント

最近のトラックバック

« 「夏の富士山・奥庭で亜高山帯の野鳥と大磯海岸でアオバト観察ツアー」の募集が始まりました! | トップページ | 羊毛フェルト製マスコット『ゆるトリ』久しぶりに入荷しました! »

日本鳥類保護連盟のカレンダー『日本の野鳥カレンダー2025』の写真募集 締め切りまであと1ヵ月となりましたよ!

先日、日本野鳥の会のカレンダーの写真募集の締め切りの話をしましたが、日本鳥類保護連盟のカレンダーの写真募集も締め切りまであと約1ヵ月となりました。

なので、忘れないうちに改めて写真募集のお知らせをしておこうと思います。

 

Jspb2024calendar_cover

▲2024年の日本の野鳥カレンダー表紙


 


【募集期間】2024年(令和6年)2月1日(木)~2024年(令和6年)4月30日(火)消印有効

野鳥の会のワイルドバードカレンダーは12枚の募集ですが、鳥類保護連盟の募集は表紙を含めた13枚です。

募集要項には「群れや複数種の作品や季節感のある生息環境を表現している作品をお待ちしています」と書かれていますね。

『採用者には、カレンダー5部を進呈し、作品使用料として、20,000円をお支払い致します。なお、カレンダーご購入の場合、作者割引を適用致します。』とのことなので、カレンダーが欲しい方もこれをきっかけに応募してみるといいかもしれません。

応募はプリントしたもの(フィルム撮影の場合はポジフィルム)を送る様式なので、発送の手間などを考えると、応募すると決まったら早めに行動するのが吉かと思います。

詳しい内容は下記の日本鳥類保護連盟ホームページの募集要項をご確認ください。


↑このページの下部で募集要項のダウンロードができます。
(2024年のカレンダーの販売ページに「日本の野鳥カレンダー2025」写真募集について という項目があります。)
野鳥撮影のモチベーション維持の一環として、とっておきの写真を応募してみてはいかがでしょうか。
Image_20230624170601

« 「夏の富士山・奥庭で亜高山帯の野鳥と大磯海岸でアオバト観察ツアー」の募集が始まりました! | トップページ | 羊毛フェルト製マスコット『ゆるトリ』久しぶりに入荷しました! »

ミミより情報」カテゴリの記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ