最近のコメント

最近のトラックバック

« 「アートウィングズ・ワークショップ2023年 第6回展」が開催されます | トップページ | 12/16(土)の<第126回 鳥のサイエンストーク>は「アマミヤマシギはどれくらい生きるか、どれくらい移動するか」 »

月500円からの寄附で、アホウドリの保全活動に参加しませんか?

いつも紹介している公益財団法人 山階鳥類研究所さんから、皆さんにご案内が届きました!

あなたも、マンスリーサポーターとして参加しませんか?

Fv_a3


リンク先のウェブサイトをご覧いただければわかりますが、内容を引用して紹介すると...

目標を達成するための調査研究継続には、多額の資金が必要です。

これまで国や都などの公的機関による事業が核となり、保全活動が展開されてきました。

しかし個体数の増加に伴い予算が縮⼩しています。

アホウドリの完全復活に向けて、あと一押し。

山階鳥類研究所では、鳥島で年1回、聟島で年3回の調査を実施することを目標としています。

これらの調査を行うには、毎年1,200万円の予算が必要であり、保全活動の継続が危ぶまれています。

絶滅危惧種から外れる日を目指して、アホウドリの保全プロジェクトにあなたもマンスリーサポーターとして参加しませんか?

Image0_20231121095201
美しいアホウドリ

ということで、月々500円からの寄附で、アホウドリの保全活動に参加できるんだそうです。

アホウドリを一度でもご覧になった方は、海上を薙ぐアホウドリの美しい姿が瞼に残っているはず...。

月々僅かでも、なにかに役立てたら嬉しいですよね。

詳しくは、以下のリンク先をご覧くださいね。

アホウドリの習性や、これまでの取り組みなども詳しく紹介されています。

アホウドリ マンスリーサポーター

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 「アートウィングズ・ワークショップ2023年 第6回展」が開催されます | トップページ | 12/16(土)の<第126回 鳥のサイエンストーク>は「アマミヤマシギはどれくらい生きるか、どれくらい移動するか」 »

ご案内」カテゴリの記事

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ