最近のコメント

最近のトラックバック

« 芸術の秋におすすめの展覧会 好木画廊 木部一樹さん個展 『親子のかたち』鑑賞レポート | トップページ | 明日は「OMコラボイベント」ですが、山手線の運休にご注意ください! »

「上野アーティストプロジェクト2023 いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」

人間以外の自然界のいきものを「うつす」ことに取り組み続けてきた6名のつくり手たちを紹介する「上野アーティストプロジェクト2023 いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」が東京都美術館ではじまります。

1mx2517fn_20231102_143714_005

 


「上野アーティストプロジェクト2023 いのちをうつす ―菌類、植物、動物、人間」のウェブサイトを見ると、今回紹介されるのは以下の6名です。

偶然の出会いを機に野生きのこに魅了されて以来、様々な土地に生息するきのこを探し描き続けている小林路子(こばやし みちこ)。

明治末~昭和期の画壇で活躍する一方、少年の頃から草花を愛で、それらの姿を日々描き記録し続けた辻永(つじ ひさし)。

木象嵌職人として鍛え上げた手わざにより、日本におけるバードカービングの世界を切り拓いた内山春雄(うちやま はるお)。

詩的かつ実験的作風で戦後写真界に躍り出たのち、その後半生をサラブレッドの撮影にささげた今井壽惠(いまい ひさえ)。

大学在学中に牧場で出会ったウシに魅せられ、酪農の現場で働きながらウシたちの存在を木版画に刻み続けている冨田美穂(とみた みほ)。

世界各地の動物園やアフリカの野生に暮らすゴリラを追いかけ、心を交わし、描き記してきた阿部知暁(あべ ちさと)。


ひとつの主題を切実に求め、それらの姿を写し、描き、かたどることを通して、それぞれのつくり手たちは何を見つめてきたのでしょうか。

本展では、「うつす」という営みの中で繰り広げられる、他者との触れあいの様々なあり方と向き合いながら、私たち人間が他のいきものたちと共に生きていく未来について、考えていきたいと思います。


とのこと。

解説を聞いているだけでワクワクしてきますね。

期間も長いので、ぜひお出かけになってみてくださいね。

Mx2517fn_20231102_143836_001

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 芸術の秋におすすめの展覧会 好木画廊 木部一樹さん個展 『親子のかたち』鑑賞レポート | トップページ | 明日は「OMコラボイベント」ですが、山手線の運休にご注意ください! »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ