最近のコメント

最近のトラックバック

« 「長島充/野鳥版画展」が開催されています! | トップページ | BIRDER11月号発売中!今月の特集は『モズからイヌワシまで~ハンター列伝~』です! »

ロッキーさんが 田村豊さん個展「鳥の旅」 に行ってきました!

アートが大好きなロッキーさんから芸術の秋におすすめの展覧会、田村豊さん個展「鳥の旅」鑑賞レポートが届きましたよ。

ロッキーさん激推しですって、気になりますね。

Field-note-vol14 

Photo_20231019102010

10月17日(火)から豊島区立熊谷守一美術館3階ギャラリーで始まった、日本ワイルドライフアート協会創立メンバーの田村豊さんの個展「鳥の旅」の初日にお邪魔して素晴らしい作品の数々を鑑賞させていただきました。

最寄り駅から熊谷守一美術館までの道案内も含めて鑑賞レポートをお届けします。

 

Photo_20231019102003

豊島区立熊谷守一美術館の最寄り駅は東京メトロ有楽町線・副都心線の要町駅です。

2番出口の階段を昇って要町通りをそのまま真っ直ぐ進みます。

Photo_20231019102004

▲カミソリビルの手前に美術館案内標識

要町駅から熊谷守一美術館までの道のりには、要所要所に案内標識が設置されています。

赤い案内標識を見つけながら歩けば迷うことなく美術館まで行くことが出来ると思います。

Photo_20231019102005

▲要小学校手前に案内標識

Photo_20231019102102

▲小学校を過ぎたら小学校沿いに左へ

要町駅2番出口を出た所から要町通りを真っ直ぐに要小学校まで歩いて、小学校の敷地に沿って左に曲ります。

Photo_20231019102002

▲標識を見ながら右手の道へ進みます。

小学校の周りを左へ左へと2回曲ったところでこの看板が見えて来ます。

看板が見えたら右手の道を真っ直ぐに歩いて行きます。

途中に、あと130mの看板があります。

 

Photo_20231019102001

▲豊島区立熊谷守一美術館に到着

しばらく道なりに歩いてゆくと熊谷守一美術館が見えて来ます。

 

Photo_20231019102006

熊谷守一は自宅の庭に寝そべり長いこと蟻を観察して、蟻が歩き始める時には左側の2番目の足から動かすことを発見した有名なエピソードがあります。その時に描かれた有名な蟻の絵が道路沿いの壁面に描かれています。

常設展を見るには500円かかりますが、常設展示もおすすめです。

単純な絵と造形などから熊谷守一の人となりを感じることが出来ます。

建物1階にはカフェも併設されています。ちょっと一休みするのもありですね。

 

Photo_20231019102007

美術館に入って受付で3階のギャラリーを見に来ました。と伝えれば無料で入ることが出来ます。

階段で3階に上がるとギャラリー入口です。

扉を開けて中に入れば田村豊さんの個展「鳥の旅」会場です。

取材で訪れた日本国内各所でのスケッチを元に描かれた油絵を中心に32点の素晴らしい作品が展示されています。

Photo_20231019102008  

▲秋の陽~ツミ幼鳥

Photo_20231019102009

▲霧氷~ヤマセミ

作者の田村豊さんにご許可を得ましたので2点だけご紹介させていただきます。

この他にもいろいろな鳥や動物が描かれています。きっと絵に引き込まれ、しばらく絵の前から動けなくなるのではないでしょうか?

どれもとても魅力的な素敵な作品ばかりです。

残りの作品はぜひご自分の目で確かめてくださいませ。

 

おすすめの田村豊さんの個展「鳥の旅」は豊島区立熊谷守一美術館で、今週末の10月22日(日)10時~17時30分まで(17時まで入場可)開催中です。

 

Photo_20231019102101

▲お約束のツーショット

自分の一番のお気に入りの「錦秋に舞う~ハイイロチュウヒ雌」の前で作者の田村豊さんとツーショットいただきました。

まじ、おすすめの展覧会です。ぜひおでかけください。

ロッキー松村

Rokkisan_20220507155201

 

« 「長島充/野鳥版画展」が開催されています! | トップページ | BIRDER11月号発売中!今月の特集は『モズからイヌワシまで~ハンター列伝~』です! »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ