最近のコメント

最近のトラックバック

« GW明けは、ホビーズの観察会でお楽しみください! | トップページ | 迫ちゃんの野鳥観察会@葛西臨海公園(4/17実施)のレポート »

8/21~23「夏の富士山・奥庭で亜高山帯の野鳥と大磯海岸でアオバト観察」ツアーのご案内

夏鳥の季節になりましたが、さえずりは聞こえても姿を見つけるのは難しいですね。真夏の暑い時には、楽して亜高山の鳥が楽しめるツアーはいかがでしょうか?

夏の富士山・奥庭で亜高山帯の野鳥と大磯海岸でアオバト観察

2023hujisan


山も6月になるとさえずりも少なくなり、姿も探しにくくなりますね。

そう、手軽に夏鳥が楽しめる期間って、意外と短いんですよね。

とくに梅雨明け後は、猛暑で外にいるのもままならない...。

そんなときには、標高の高い亜高山で楽して小鳥を楽しみませんか?

Img_4627

標高2,000mを超える富士山の山荘では、ウソやルリビタキなどの小鳥が間近で観察できます。

歩き回ることなく、陽にも晒されることなく楽しめますからね。

暑さで疲れた体を休めつつ、たまにはのんびりと鳥見を楽しんでみませんか?

1dsc02440

1dsc01840


そして、ツアーの後半はがらっと環境が変わり、海辺で海水を飲みに来るアオバト観察を楽しみます。

いきなり標高2,000mから海抜0m近くに移動しますからね、たしかにあっついので、日の出直後から午前の9時すぎくらいまでの観察となります。

でもね、命がけで海水を飲みに来るアオバトは美しいですよ!

観察後は一旦ホテルに戻って解散となりますが、シャワーを浴びる時間も用意できると思いますので、さっぱりして帰れますね。

1dsc05751

1dsc07208


もちろん、写真もバッチリ撮れると思います。

今回はホビーズワールドの吉成がご案内しますので、写真のレクチャーもしますし、早めにお知らせ頂ければ、カメラ選びからアドバイスさせて頂きます。

富士山もアオバトもほぼ移動しませんので、写真は撮りやすいです。

これから写真にもチャレンジしたいという方にも、最適なツアーだと思います。

昨年のツアーレポートもありますよ。

2023hujisankoutei

 

詳しくは、(株)西遊旅行のウェブサイトをご覧ください。

夏の富士山・奥庭で亜高山帯の野鳥と大磯海岸でアオバト観察

 

Yosinari_20200514112301

« GW明けは、ホビーズの観察会でお楽しみください! | トップページ | 迫ちゃんの野鳥観察会@葛西臨海公園(4/17実施)のレポート »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ