最近のコメント

最近のトラックバック

« 【 速報 】「つぐみさん・羊毛フェルト作品展」開催決定!(販売用の作品もあります)詳細その① | トップページ | 2/18からの鳥博企画展示は「日本の鳥コーナー 収蔵標本公開」 »

「哺乳類のフィールドサイン観察ガイド(増補改訂版)」が入荷しました!

雪が積もると、哺乳類の足跡が気になるんですよね...。

ベストタイミングで、「哺乳類のフィールドサイン観察ガイド(増補改訂版)」が入荷しましたよ!

R2398pl


ちょっと表紙ではイメージしにくいかもしれませんが、要はフィールドで見かけた哺乳類の足跡やフン、食痕、巣などから種を導き出すための本なのです。

「難しそう..」と思われるかもしれませんが、実は身近な哺乳類を知る上でも、と~っても楽しい本なんですよ。

ほらほら、イラストで分かりやすく解説しているので、お子さんでも興味をもって読み進められそうでしょ!

Rg2l2ar

 

種を推測するのも比較しやすいように工夫されているし、その過程で哺乳類の形態などもわかるようになっていますね。

R6lmdy7

 

実は哺乳類は、夜に活動することも多いため、身近に生息していても気づかない方が多いのです。

東京23区をみても、タヌキやイタチ、ハクビシンなどがいますからね。

今まであまり興味がなかったという方にも、これはおススメの1冊ですよ。

皆さんがお住まいの地域、お気に入りのフィールドにどんな哺乳類がいるか、本書片手に調べてみましょう!

 

≪本書の特徴≫

・身近なフィールドで観察できる35種の野生動物を取り上げました。
・各種について、大きさや体重、分布、生息環境などの基本情報を紹介しました。
・各種について、足跡や歩行パターン、食痕、フン、巣、けもの道など、さまざまなフィールドサインを掲載しています。
・実際のフィールドに残された足跡の写真を多数掲載しているので、哺乳類の識別に活用できます。

 

≪増補改訂版の変更点≫

(1) じつは生きていた?!  ニホンカワウソの最新情報を収録。
(2) ツシマヤマネコのフィールドサインや生態写真を追加。
(3) ムササビやモモンガの貴重な生態写真と新事実を追記。

 

「哺乳類のフィールドサイン観察ガイド(増補改訂版)」  2,200円(税込)

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 【 速報 】「つぐみさん・羊毛フェルト作品展」開催決定!(販売用の作品もあります)詳細その① | トップページ | 2/18からの鳥博企画展示は「日本の鳥コーナー 収蔵標本公開」 »

新刊!」カテゴリの記事

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ