最近のコメント

最近のトラックバック

« NPO法人リトルターン・プロジェクト「2022年度コアジサシ講演会」のご案内 | トップページ | 12/3(土)「初心者対象 野鳥撮影基礎講座」に、OMDS(オリンパス)の方が来ます! »

スワロフスキー STC/ATC コンパクトスコープ 本日発売・ご予約受付中!

以前、概要をお伝えしたスワロフスキーのコンパクトスコープが、12月1日本日発売です!

STC 17-40×56 直視型フィールドスコープ
ATC 17-40×56 傾斜型フィールドスコープ

本日発売ですが、店頭デモ機や在庫の入荷時期は現時点でわかりません....ご予約頂いた順に出荷いたしますので、お早めのご注文がおすすめです!

※12/1追記 12月上旬にSTC&ATCグリーンが各1台ずつ入荷予定。

店頭デモ機がすぐにご用意できないため、発売前にこの望遠鏡を使用させてもらいました。その特長をご紹介しますね。

Atcstc001


まあ、対物レンズ径56mmのコンパクトスコープですからね、それほど期待してなかったのですが、ちょっと驚かされました。

なんとアイピースは、STXやATXユニットのものと同じもののようなのです。

つまり、コンパクトでも妥協せず、最高のクオリティが追及された逸品だったのです。


この写真を見てください!

奥はSTX25-60x 85セットなんですが、こんなに大きさが異なります。

1dscn2136

 

でもね、アイピースは同じなんです~~!!!

11dscn2134

アイピースや接眼レンズが大きいと、小さいものと比べて圧倒的に覗きやすくて開放感があるんです。

これって、スワロの本気度を感じますよね。

もちろん、見え味は皆さんのご想像通り、コンパクトサイズのスコープとは思えないほど明るく透明感もありました。

ということは、コンパクトでフットワークも軽く機動性を生かすような場面、遠征で少しでも機材を小型化したいけど画質も譲れない場面などで大活躍しそうです。

ちょっと価格は高いですが、17-40倍のズームで観察できますので、これ1本でほとんどの鳥見に対応しそうですね。

500mlのペットボトルと比べても、こんなにコンパクトなんですよ!

1dscn2182

 

仕様も、じっくりご覧ください。

ストレートタイプ(直視型)とアングルタイプ(傾斜型)で若干サイズが異なりますが、いずれも1kgを割る軽さです。

STC=ストレート・直視型

ATC=アングル・傾斜型

Atcstcsiyouitiran

 

発売当初は品薄状態で、現時点では入荷時期の目途もわからない状態ですが、少しでも早く入手されたい方は、どうぞご予約くださいね。

ご予約頂いた後、納期がわかり次第すぐにご連絡させて頂きます。先にもお伝えしたとおり、ご予約順に出荷いたします。

 

ちなみに、ストレートタイプはグリーン、アングルタイプはグリーンオレンジ(お取り寄せ)の2色があります。

STC 17-40×56 直視型フィールドスコープ 

販売価格 356,400円(税込)/定価 396,000円(税込)

Stc001

 

ATC 17-40×56 傾斜型フィールドスコープ

販売価格 356,400円(税込)/定価 396,000円(税込)


Atcs2color

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« NPO法人リトルターン・プロジェクト「2022年度コアジサシ講演会」のご案内 | トップページ | 12/3(土)「初心者対象 野鳥撮影基礎講座」に、OMDS(オリンパス)の方が来ます! »

速報っ!」カテゴリの記事

観察&撮影機材」カテゴリの記事

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ