最近のコメント

最近のトラックバック

« ロッキーさんが12月17日(土)の観察&撮影教室の下見に恩賜井の頭公園へ行って来てくれました。 | トップページ | 本日発売!2023年1月号のBIRDERも「鳥見手帖 2023」付いてますよー! »

今年も問い合わせが増えています! 真冬の道東用のおすすめ雲台

昨年の今頃もご案内しましたが、極寒の道東では通常のビデオ雲台は動きが悪くなります(最悪、動かなくなります)。

だからこれ!  レオフォト自由雲台 LH-36

 

Lh360


最近はビデオ雲台が主流ですが、こうした雲台には粘性のある油やオイルが使用されており、極寒の状況では凍って動かなくなることがあるのです。

だから、シンプルなボール雲台がおススメなのです。

滑らかな動きなど、操作性はビデオ雲台の方がよいので、日本人のバーダーはあまり使わないのですが、極寒の地ではシンプルな構造の雲台の方が安心ですよね。

ボール雲台も進化しており、いろいろなタイプが出ていますが、基本は真ん中のボールを固定すると止まり、解除すると前後左右に自在に動きます。

今回取り上げたのは、今やホビーズでも主流になっているメーカー『レオフォト』の自由雲台なのです。

本体底部には、左右のパンを滑らかに動かせる機構がついています(寒さで機能しないこともあるとは思いますが...)。

それと、真ん中のボールの動き方を制御するトルクダイヤルが付いているので、載せている機材がガタンと倒れることも少ないと思います。

右下の2つあるダイヤルの上がトルク、下が左右のパンのダイヤルです。

長さ70mmのアルカスイス互換プレートも付属しています。

 

Lh361

 

そして本体は430gと軽量なのですが、な、なんと耐荷重は18kgもあるんです。

ホビーズでも人気の小型雲台SVH-501が本体重量540gで耐荷重が3kg、レオフォトのBV-10が本体重量760gで耐荷重が5kgですから、機材を固定するということに関しては、ボール雲台ってすごいんですね。


とはいうものの、動きの滑らかなビデオ雲台に慣れている方には、位置を素早く固定する際など、ボール雲台の使い勝手は決してよいとは言えないかもしれません。

でも、シンプルであるがゆえ厳冬の北海道でも使えるボール雲台は、選択肢の1つになると思います。

薄暗い時間帯の早朝のツルのねぐら撮影、氷上でのワシ撮影など、三脚や雲台の出番は結構あるんですよね。

オーロラ撮影などにも、ボール雲台がよく使われているそうですよ。

 

 レオフォト自由雲台 LH-36

販売価格 29,700円(税込)/メーカー希望小売価格 37,400円(税込)

 

搭載するレンズは、100-400mmズーム、300mm F4クラスでしたら、上記のLH-36がちょうど良いと思います。

より大きなモデルの

LH-40(重量:540g/耐荷重:20kg)

LH-47(重量:625g/耐荷重:22kg)

LH-55(重量:867g/耐荷重:25kg)

などもございます。商品ページは準備しておりませんが、お取り寄せ承りますので、お問合せくださいね。

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« ロッキーさんが12月17日(土)の観察&撮影教室の下見に恩賜井の頭公園へ行って来てくれました。 | トップページ | 本日発売!2023年1月号のBIRDERも「鳥見手帖 2023」付いてますよー! »

季節のおすすめアイテム」カテゴリの記事

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ