最近のコメント

最近のトラックバック

« 迫ちゃんの野鳥観察会 スペシャルVer.(@酒匂川河口)のご報告 | トップページ | オミクロン株感染者が増えてきました...店頭営業や観察会の対応について »

シンポジウム「『幻の鳥』オオトラツグミのこれまでとこれから」

ホビーズの広告も出ている山階鳥研ニュース(第299号)を見ていたら、とくに気になるイベントを発見。

シンポジウム「『幻の鳥』オオトラツグミのこれまでとこれから」

Img_3011


最近は鳴声を聞くことも多く、ときに姿も見る機会があったりするオオトラツグミですが、毎年行われているNPO法人奄美野鳥の会の一斉調査でも、個体数は増加傾向にあることが分かってきています。

とっても嬉しいニュースですが、そのオオトラツグミに関するシンポジウムが開催されます。

といっても、場所は気軽には行かれない奄美大島...。

でも嬉しいことに、YouTubeでの無料配信があるので~す!

これなら、全国どこにいても視聴できますよね。

詳しい内容やご予約の方法は、主催のNPO法人奄美野鳥の会のwebサイトをご覧ください。
YouTubeの視聴にも予約が必要なようです。
http://www.synapse.ne.jp/~lidthi/aoc/news/210122ootorakouennkai.html


そして、簡単に公園の内容をご案内すると...

「オオトラツグミさえずり一斉調査の30年」(奄美野鳥の会 高美喜男・鳥飼久裕)
「一斉調査からわかってきたオオトラツグミの生態」(山階鳥類研究所 水田拓)
「音声解析WebアプリtoriRの紹介と一斉調査への応用」(トリルラボ 大坂英樹)
「オオトラツグミから見た奄美の社会と30年間の変化」(自由科学者 石田健)

これまでの推移や生態など、内容盛りだくさんですね。


<日 時>

2022年1月22日(土)14時~16時30分

<場所・開催方法>
奄美市立博物館研修室 & オンライン配信


何度も紹介している山階鳥類研究所発行の鳥研ニュースは、同研究所の賛助会員になると送られてきます。

会員になると研究所のサポートにもなりますし、いろいろなニュースも届きますので、一度webサイトを訪ねてみて下さいね。
http://www.yamashina.or.jp/hp/goshien/goshien.html#sanjokai

 

それと、これをきっかけに奄美大島に行ってみたいという方は、こんなツアーもありますよ。

●〔春の奄美大島でバードウォッチング三昧〕
3月17日(木)~20日(日)
https://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GJKG24/

私がご案内させて頂きますので、たのしくやりましょう。

こんな鳥が見られる可能性がありますよ。
http://hobbysworld.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-7556c4.html

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 迫ちゃんの野鳥観察会 スペシャルVer.(@酒匂川河口)のご報告 | トップページ | オミクロン株感染者が増えてきました...店頭営業や観察会の対応について »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ