最近のコメント

最近のトラックバック

« 2022年・新年のお年玉セールと会員限定セールのご案内 | トップページ | 奥田達哉さん写真展『絶滅危惧種〜東南アジアの霊長類』が開催されます! »

厳寒・真冬の北海道の装備のご提案 ①

と~っても寒い真冬の道東、行ったことありますか?

いろいろとご相談も受けるので、ちょっと便利なグッズを紹介しましょう。

まずは、<お取寄せ>エツミ プロフェッショナルプロテクターカバー E-6687

49759816687919


厳寒の真冬というのは、だいたい1月中旬~2月くらいでしょうか。

流氷の時期をイメージして頂くとよいかと思います。

行き先にもよるのですが、この時期の内陸の最低気温はマイナス30度くらいになったりします(現地の人が気温を言うとき、いちいちマイナスはつけません)。

さすがに本州の冬とは違いますよね。

そう、カメラやレンズも凍り付きそうです。

そんなときに便利なのが、カメラカバーなんです。

まずは、カメラ後方からみたカバーの写真をご覧ください。

液晶画面が見えるように透明なシートがありますが、その先の穴は、カメラ前面のレンズが出るところです。

49759816687913

そしてこれを拡大すると...

ほらほら、液晶ファインダーのゴム枠を外して、透明シートを挟むように外側から固定できるようになっているんです。

これは便利です!

49759816687917

 

実際にカメラを操作する時には、カバー本体の右にある袖から手を入れて操作します。

カバーの色が青いのは、私物の旧モデルのカラーだからなんです。

1img_29391

 

そしてもうひとつ、このカバーの良い所がこれ。

カバー前面上部にはレンズ部を覆うカバーが内蔵されており、それを伸ばしてレンズにかけた状態の写真なんですが、ソニーの200-600mmでちょうどよさそうな長さなので、100-400mmもOKです。

この状態なら、雪が降る中での撮影もできそうでしょ!

ただししっかり固定するには、ゴムやマジックテープなどを別に用意した方がよいですね。

49759816687919

 

私も2月の道東のツアーに、これを持参する予定です。

<お取寄せ>エツミ プロフェッショナルプロテクターカバー E-6687

販売価格 13,046円(税込)/メーカー希望価格 18,700円(税込)

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 2022年・新年のお年玉セールと会員限定セールのご案内 | トップページ | 奥田達哉さん写真展『絶滅危惧種〜東南アジアの霊長類』が開催されます! »

季節のおすすめアイテム」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ