最近のコメント

最近のトラックバック

« 【新刊】『BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ』本日発売! | トップページ | こんなヤマセミの写真を撮ってみたくないですか?オオタケカメラ@会津[12/12追記アリ] »

ロッキー松村の観察&撮影教室@葛西臨海公園のご報告

11月21日(日)に、葛西臨海公園で行われた「ロッキー松村の観察&撮影教室」の様子をご報告します。

当日の案内、ロッキーさんからのレポートと、ご参加いただいた方のお写真をご紹介します!

---(以下、ロッキーさんのレポートです)---

 

11月21日(日)に葛西臨海公園・葛西海浜公園に於いてホビーズワールド観察&撮影教室を行って来ました。 

Photo_20211124172202

 

 

集合時には曇って少し寒いくらいでしたが、公園内を歩いているうちに青空が広がり日も差してきました。

そんな気持ちいいお天気の下、葛西臨海公園と葛西海浜公園の西なぎさでご参加の皆さまと野鳥観察&撮影を楽しんで来ました。

Photo_20211124172201

 

噴水広場から観覧車のある芝生広場へ。蓮池のカルガモを見ていると、ホテルシーサイドの庭からジョウビタキの声が聴こえて来ました。

ゆっくり歩いて行くと植え込みの中にメスの姿を確認、全員で見ていると恥ずかしがって植え込みの奥に隠れてしまいました。

Photo_20211124172203

バーベキュー広場から芦ヶ池に向けて歩いて行くと、道路わきの水場の藪にウグイス、メジロ、シジュウカラを見ることが出来ました。

しばらく見ているとシロハラとルリビタキも出てくれました。芦ヶ池手前のつり橋では再びジョウビタキメスとの出会い、今度はじっくりと見ることが出来ました。

ヒドリガモやカンムリカイツブリなどを見ながら水路沿いを歩き、途中トイレ休憩。

葛西渚橋の上から東なぎさ沖に浮いている約3,000羽のスズガモを見て、西なぎさから東なぎさの干潟にいるダイシャクシギ、沖に止まるミサゴなどを観察しました。

 

橋を渡って鳥類園に向かっていると、東なぎさにスズガモ約5,000羽の群れが渡って来たところをちょうど見ることが出来ました。

Photo_20211124172204

ラムサール条約登録湿地の葛西海浜公園沖には、毎年4~5万羽のスズガモが渡って来ます。

渡りの瞬間に出会えたことはとてもラッキーでした。鳥類園上の池でオオタカ食痕、水面に浮くカモなどを観察して、見た鳥を確認する鳥合わせをして終了しました。

 

【21日(日)の天気】 曇り時々晴れ 9時~12時30分 

観察種
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ダイシャクシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジの42種、番外カワラバト

 

次回は12月11日(土)東京港野鳥公園です。まだまだお申込みを受け付けていますので、皆様のご参加お待ちしております!

どうぞよろしくお願いいたします。

Rokkisan

------------------------------------------

 

さて、ここからは、ご参加頂いた方が撮影されたお写真をご紹介します。

まずは常連のO田様。

 

アオサギが捕らえたのはザリガニ...?でしょうか...?

Pb211130-2

 

他には、カモ類もたくさん見られたそうです。

マガモとハシビロガモが一緒にいる様子。まさかペアなのでしょうか...?

Pb211270-2

 

続いては、なんだかトビとカラスが喧嘩している模様。

トビの迫力とカラスのビビり具合がわかる、見事な一枚ですよね!

Pb211234-2

 

O様のお写真、最後はカイツブリの幼鳥らしき子です。飛び立つ瞬間がバッチリ捉えられています!

Pb211255-2

 

続いてご紹介するのは、M様のお写真です。

アオジってどこにでもいそうな鳥ですが、よく見るとつぶらな瞳が可愛いですよね。

1_20211124175401

 

そしてトビとカラスですが、こちらはO田様が撮影されたお写真と同じ状況だったのでしょうか。

トビが鋭い眼光でカラスを睨みつけているよう。

この後、O田様のお写真に写っていた展開、トビがカラスを追い払う...ということになったのでしょうか。

2_20211124175401

 

...と思ったら、今度は..

魚を捕まえたトビが、もう一羽のトビに追いかけられています。

3_20211124175401

 

どんな状況だったのか気になりますね。

 

そして最後はロッキーさん撮影のスズメです。

ふわふわしていて可愛い♪ 秋冬のバードウォッチングは、木々が落葉し寒さでふわふわしている小鳥たちをじっくり見られるので、良いですよね。

By

 

ということで、ホビーズワールド主催の観察会は、初心者の方やバードウォッチング初めての方でも、どなたでもお気軽にご参加頂けます。

「一人では不安...」、「双眼鏡の使い方も教えてほしい」等、事前にご不安な点やご質問ございましたら、お申込みフォームの自由記入欄にご記入くださいね。

お申込みフォーム:https://www.hobbysworld.com/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/2

 

ホビーズワールド主催の観察会は、首都圏を中心に来年3月まで毎月開催予定ですので、ぜひホームページから内容や詳細をご覧ください。

https://www.hobbysworld.com/event.html

 

双眼鏡や望遠鏡の体験もできるかも...?!

 

Hara

 

« 【新刊】『BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ』本日発売! | トップページ | こんなヤマセミの写真を撮ってみたくないですか?オオタケカメラ@会津[12/12追記アリ] »

イベントのご報告」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ