最近のコメント

最近のトラックバック

« 「見る! 聞く! 歩く! 高尾・浅川野鳥図鑑」入荷しました! | トップページ | コーワフェア 本日スタートしました! »

12月11日(土)の観察&撮影教室の下見にに行ってきました(ロッキー松村)

ロッキーさんが、12月の教室の下見に行ってきてくれたそうです。
以下、ロッキーさんからです。


1211日(土)に予定しています<観察&撮影教室>の下見に東京港野鳥公園に行って来ました。 

Photo_20211201082801
東京港野鳥公園 東淡水池~ネーチャーセンター


本番2週間前の11月27日(土)、少し北風が冷たかったのですが、綺麗な青空の下、紅葉の東京港野鳥公園で、本番を想定しバードウォッチングしながら園内をぐるりと回って来ました。

東京港野鳥公園は東西二つの地区に分かれています。西園の自然生態園から見始めて、いそしぎ橋を渡り東園の淡水池、東観察広場から潮入りの池、改修工事が終わった前浜干潟、ネイチャーセンターに戻り潮入りの池を見て来ました。


Photo_20211201082901メジロ

 

柿の実を食べるメジロに遭遇しました。柿の実は残り少なかったので、本番では食べ終わっているかもしれません。藪からはウグイスの笹鳴きが聴こえ、よく見ているとシルエットをとらえることが出来ました。


Photo_20211201083101ノスリ


4号観察小屋からは奥の落葉樹にノスリを見ることが出来ました。冬の間ほぼ決まった位置に止まっていることが多いので本番での遭遇率は高いと予想しています。ただ少し遠くて枝被りになってしまいそうです。

Photo_20211201083201
アオジ

Photo_20211201083202
シジュウカラ

 

園内のあちらこちらでチッチッとアオジの声が聴こえて来ました。しばらく見ていると見やすい所に出てくれて、うまい具合に紅葉の前に止まってくれました。本番の頃にはさらにフレンドリーになっていると思われます。小鳥と紅葉をからめた写真を撮ることが出来そうです。

Photo_20211201083501
空中戦

 

東観察広場の観察窓からは水面に浮かぶカモ類が見られますが、この日は頭の上でオオタカとハシブトガラスの空中戦が繰り広げられ、みんな葦の陰に隠れてしまいました。

ノスリも頭の上を飛びました。本番でも飛びものにチャレンジするチャンスがありそうです。

レンジャーさん情報によればオオタカ成鳥と幼鳥の2羽が居ついているということで、オオバンが狩られたシーンも目撃されたそうです。お腹が膨れているときやカモを狙っている時は奥の落葉樹などに止まっている姿が見られるかもしれません。

Photo_20211201083502
ミコアイサ


カモ類は園内の3か所の池で見ることが出来ます。しばらく前に西淡水池にオシドリ、トモエガモが入っていたそうです。少数派のカモは居つかずに日替わりで入れ替わることが多いように思っています。この日は潮入りの池にミコアイサのメスがいました。さて、本番では何が出ますか?楽しみですね。

Photo_20211201083601 
イソシギ

Photo_20211201083602
ハクセキレイ

長い間工事中で閉鎖されていた前浜干潟観察デッキの工事が終わり解放されていました。観察窓からは広い干潟が一望できます。すぐ目の前の護岸にはイソシギやハクセキレイなどがやって来ました。青空を映した水面バックのかわいい姿をきっと撮影出来ると思います。


<下見での観察種>
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、リュウキュウサンショウクイ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジの36種、番外カワラバト

観察時間9時30分頃~1150分 流通センター駅往復約5.5km 約9,000

Photo_20211201083801
集合場所1.流通センター駅改札外

 

当日は東京モノレール流通センター駅改札を出た所に9時集合です。

*流通センター駅は普通の各駅停車のみ止まります。空港快速は止まりませんのでご注意ください。集合後野鳥公園まで歩いて移動します。徒歩約15

*参加費の他に入園料が必要です。
大人(高校生以上) 300円、65歳以上 150円、中学生以下 無料

Photo_20211201083802
集合場所2.東京野鳥公園管理事務所前


直接現地集合の方は管理事務所前に915分頃集合

現地集合の方と合流してから観察&撮影教室の受付を行います。

*マスクの着用と受付時の手指の消毒にご協力ください。

流通センター駅からの往復と公園内あわせて約5km歩きます。舗装路、芝生地、砂利道、土の上、坂道や階段などあります。履きなれた歩きやすい靴でご参加ください。また、北風が吹くとけっこう寒くなりますので、脱ぎ着のしやすい暖かな服装がおすすめです。

*午後ももう少し見てみたいという方はどうぞお弁当をお持ちください。暖かなネイチャーセンター内で一緒に食べましょう。

 

スズメやムクドリなど身近な鳥も含めてその場所で出会えた鳥をゆっくりと丁寧に見て行きたいと考えています。じっくり見ているとどの鳥もみな可愛いことに気が付けると思います。

バードウォッチング初心者の方もどうぞ安心してご参加ください。ご参加の皆さまと初冬の一日ゆっくりとバードウォッチングを楽しみたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


●教室の詳細
https://www.hobbysworld.com/event.html
●お申し込みフォーム
https://www.hobbysworld.com/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/2            

東京港野鳥公園参考サイト 東京港野鳥公園|海上公園なび (tptc.co.jp)

東京港野鳥公園 レンジャーブログ
(blog.jp)<
https://wbsj-wildbirdpark.blog.jp/>

 

Avmatumura_20210508090801

« 「見る! 聞く! 歩く! 高尾・浅川野鳥図鑑」入荷しました! | トップページ | コーワフェア 本日スタートしました! »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ