最近のコメント

最近のトラックバック

« <西遊旅行・日帰り観察会> 都内最大の水郷景観・水元公園で冬の野鳥観察(12/18) | トップページ | イベントのお申し込み方法についてご案内 »

<タカ渡り>の識別予習は大丈夫ですか?

暑さから解放されてほっと一息つきましたが、気が付くとタカ渡りがすぐ目の前に迫ってきていますよ...((((;゚;Д;゚;))))

まずは必要なものから揃えましょう!

R_20210904144501

 

まず、初心者の方、タカ識別に自信のない方におススメなのが、このシートです。

ひとめでわかるワシタカ(識別シート2枚組み)

Hitomedewasitaka_20210904144801

 

なぜ、おススメかというと、図鑑のようにページをいくつもめくることなく、ちょっと視線をずらすだけで各種の比較ができるのです。

このサンプル画像の上のシートは種ごとの比較図で、大きさや体型、翼の形などの比較ができるように並べてあります。

飛翔の姿勢や向きもほぼ揃えてあるので、比較しやすいでしょ!

実はこれ、私が谷口高司さんにお願いして作ってもらったものなんです。

シートは4面あり、残りの3面は種ごとの年齢や性別による違いなどが示されていますから、これだけでも充分に役に立ちますよ。

 

次は、文一さんのハンドブックです。

タカ・ハヤブサ類 飛翔ハンドブック

Takahayabusahb

 

これは、種ごとに飛翔時の写真をまとめたもので、まさに飛翔時の識別することを目的につくられた本なのです。

実際にどのように見えるかが分かりますが、縮尺や姿勢で比較するのはやや苦手なので、ひとめでわかるワシタカ(識別シート2枚組み)  と併せて使うと効果的ですよ。

コンパクトで持ち運びも楽ですからね、この2つは必携です。

 

そして、もう少し猛禽類に興味が出てきたら、次はこの本です。

ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑

Wasitakahayabusa_sikibetuzukan

 

このあたりまでくると、テキストも充実してきますね。

亜種の解説や分布図なども用意されていますので、自宅用としても欲しくなりますね。

 

そして究極が、このシリーズです。

フィールドガイド日本の猛禽類 シリーズ

Fieldguidenihonnno

 

このシリーズは、イラストと写真と詳細なテキストで構成されており、タカ好きにはこたえられないマニュアックなシリーズなんです。

渡りという観点からも、まずはサシバあたりから手に取ってみてください。

驚くほど内容が濃いことに、す~ぐに気づくはずです。

 

ということで、ご不明な点等があるようでしたら、ホビーズに問合せください。

スタッフは全員、皆さんと同じ趣味を持つバーダーですから、遠慮なくどうぞ。

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

 

« <西遊旅行・日帰り観察会> 都内最大の水郷景観・水元公園で冬の野鳥観察(12/18) | トップページ | イベントのお申し込み方法についてご案内 »

季節のおすすめアイテム」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ