最近のコメント

最近のトラックバック

« 日本野鳥の会 東京「東京近郊の野鳥写真展」作品募集のお知らせ 〆切間近!! | トップページ | 「ジャパンバードフェスティバル 2021(11/6~7)」は、会場開催が中止となりました... »

高機能・迷彩ブラインド<SAMCAMP(サムキャンプ)>をフィールドで広げてみました

ちょっと時間ができたので、ほんの少しだけですが、<SAMCAMP(サムキャンプ)>をフィールドで広げてみました。

52477e57cf734a16a034aaac85a0d579


もちろん、店頭では細かくチェックしていたのですが、広々としたフィールドで見て見たかったのです。

やはり迷彩ブラインドテントは、店頭よりも緑豊かなフィールドが似合いますね。

そして実際に広げた印象は、迷彩効果もあり、ほどよく張りがあるといった印象でした。

また、やや幅広の<SAMCAMP(サムキャンプ)>  は普通に広げようとすると、フレームがたわんでうまく広がらないことがありました。

こんなときには、2面に畳んだ状態でブラインドの内側に入り込み、中から広げるとうまくセッティングできました。

Dscn0115_2

 

このブラインドのウリのひとつが、3面ある撮影面のレンズ位置が無段階で決められるという点です。

この機能を生み出す十字タイプのファスナーは、画期的で便利でしたね。

Dscn0120_2

Dscn0121_2

 

そして細かい点でいえば、内側で撮影する人の目線でデザインされているということ...。

当たり前といえば当たり前なのですが、内側から開け閉めできるファスナーって、意外とないものなんです。

 

今回はブラインド内からの撮影はしませんでしたが、内部の空間も広く、撮影窓以外に換気用の窓もありますので、他のブラインドと比較しても使い勝手はよさそうです。

発売当時にもお知らせしましたが、製造元の台湾では在庫も少なくなってきており、今後の販売継続は不透明とのことです。

いずれ使うかも...という方は、お早めに入手しておくことをおススメいたします。

 

高機能・迷彩ブラインド<SAMCAMP(サムキャンプ)>  33,000円(税込)

 

Yosinari_20200311143501_20210718111201

« 日本野鳥の会 東京「東京近郊の野鳥写真展」作品募集のお知らせ 〆切間近!! | トップページ | 「ジャパンバードフェスティバル 2021(11/6~7)」は、会場開催が中止となりました... »

インプレッション」カテゴリの記事

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ