最近のコメント

最近のトラックバック

« 谷津干潟自然観察センター×文一総合出版コラボ企画展 「あの鳥なに?」がわかります!野鳥手帳展のご案内 | トップページ | ロッキー松村の <小笠原探鳥旅行記 ②> »

探鳥計画にも便利な「石垣島の野鳥図鑑」が入荷しました

カンムリワシやカタグロトビが生息する石垣島は、沖縄を代表する探鳥地ですね。

待望の「石垣島の野鳥図鑑」が誕生しましたよ!!

Ishigakizukan



タイトル通り、本書は石垣島で見られる野鳥284種(亜種・外来種を含む)を掲載した図鑑なんですが、著者の小林さんは石垣島で長年ガイドをしているんです。

つまり、石垣島の隅々まで知り尽くしている方の本なので、たま~に訪ねる我々では知りえない情報も盛り込まれているんですね。

解説についても、小林さんならではの見解も盛り込まれていますので、ちょっと楽しみでしょ!

巻末には探鳥地マップもあるのですが、なんと50ヶ所の観察ポイントが、マップコード付きで紹介されているんです。

これは嬉しいですよね。

これから石垣島を訪ねる方にも、きっと役立つ1冊です。

 

「石垣島の野鳥図鑑」  2,200円(税込)

https://www.hobbysworld.com/item/20714101/

 

Ishigakimokuji

▲サンプルページ

Ishigakisample

▲サンプルページ

 

 

そして、もう1つご案内。著者の小林雅裕さんのガイド業の部分も紹介します。

<石垣島フィールドガイドSeaBeans>のwebサイトをご覧いただくとわかりますが、小林さんは少人数でのガイドをやっています。
https://seabeans.net/

観察だけでなく撮影もバッチリ面倒みてくれますので、いろいろリクエストしてみて下さい。

たとえば、本州でアカショウビンを見ようとすると大変ですが、石垣島なら比較的見やすいですよね。

カンムリワシだって、きっと効率的に見せてくれることでしょう。

夜の探鳥だってやってくれますので、リュウキュウコノハズクも見られるかも...。

そして渡りの時期には、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。


まずは、ブログをご覧いただくのがよいでしょうかね。
https://seabeans.net/category/blog/

きっと、どんな時期にどんな鳥が見れるのかがわかると思います。

 

今、石垣島はコロナで大変なようですが、落ち着いたら行ってみたいですね!

 

「石垣島の野鳥図鑑」  2,200円(税込)

 

Yosinari_20200311143501

 

« 谷津干潟自然観察センター×文一総合出版コラボ企画展 「あの鳥なに?」がわかります!野鳥手帳展のご案内 | トップページ | ロッキー松村の <小笠原探鳥旅行記 ②> »

新入荷!!」カテゴリの記事

おすすめ書籍」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ