最近のコメント

最近のトラックバック

« ホビーズ フォトサイトシリーズ<Plover(プロバー)Ⅱ>が、<Plover(プロバー)III> となって新登場します! | トップページ | Rolanpro 迷彩柄ビーンズバッグが再入荷しました! »

<鳥の渡り生態学> 入荷しました!

これから梅雨明けで本格的に暑くなりますが、うかうかしていられません。だって7月後半になると、もう鳥の渡りは始まりますからね *゚Д゚)エエェェ

ということで、新入荷の<鳥の渡り生態学> を急いで読まなきゃ! 

9784130602433_600


「渡りの謎」といえば樋口広芳さんを思い浮かべますが、本書は研究者10名以上の成果を樋口さんが編集されているような構成です。

ということで、目次を紹介しましょう!

 

-------<目次>--------------------------

序 章 進展著しい鳥の渡り研究(樋口広芳)

第I部 渡りの経路
第1章 ハクチョウ類・ガン類・カモ類の渡り(嶋田哲郎)
第2章 タカ類の渡り(土方直哉,時田賢一)
第3章 小鳥の渡り追跡(小池重人)
第4章 海鳥類の渡り(山本誉士)
第5章 野外観察から明らかになる鳥の渡り(久野公啓,佐伯元子)
第6章 レーダーによる鳥の群れ追跡(田悟和巳)

第II部 環境利用と生活史
第7章 渡り経路の連結性(島﨑彦人)
第8章 渡りと生活史(山口典之)
第9章 渡りと気象(山口典之)
第10章 渡り鳥の生理機能(黒沢令子)

第III部 保全と管理
第11章 渡り鳥の保全をめぐる諸問題(澤 祐介,シンバ・チャン)
第12章 渡り鳥と感染症(森口紗千子)

終 章 これからの鳥の渡り研究(樋口広芳)

あとがき(樋口広芳)

---------------------------------------------

 

ほらね、早く読み始めないと、秋の渡りに間に合わないかも~...。

<鳥の渡り生態学>  価格 6,050円(税込)

 

Yosinari_20200311143501

« ホビーズ フォトサイトシリーズ<Plover(プロバー)Ⅱ>が、<Plover(プロバー)III> となって新登場します! | トップページ | Rolanpro 迷彩柄ビーンズバッグが再入荷しました! »

おすすめ書籍」カテゴリの記事

新刊!」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ