最近のコメント

最近のトラックバック

« 春のタカ渡り速報が出始めましたよ! | トップページ | 【(4/5発売予定)野鳥手帳「あの鳥なに?」がわかります!】ご予約受付開始! »

「新 海鳥ハンドブック」の著者 箕輪さん同行【海鳥観察旅行 第2弾】催行決定!残席僅かです!

大好評だった【海鳥観察旅行】の第2弾として今回募集している航路は、「東京⇔八丈島航路+三宅島1泊」です。

現在のところ残席僅かとなっていますので、お急ぎくださいね!

Mx2631_20210306_104000_0001▲クリックすると大きくなります

 

前回の【海鳥観察旅行】はとっても充実しており、参加された方々も楽しまれたとのことです(*'▽')

そのためか、第2弾として募集中の「東京⇔八丈島航路+三宅島1泊」はリピーターの方もいて、既に催行決定しています!

詳細は下の画像をクリックしてご覧くださいね。

Mx2631_20210306_104021_0001

通常よくある八丈航路のツアーは竹芝ー八丈島往復が多いですが、今回のツアーは三宅島にも一泊するんです!

ということは、三宅島固有種も観察できちゃうかも!

島内で観察が期待できる鳥は、カラスバト、アカコッコ、イイジマムシクイ、タネコマドリ、オーストンヤマガラ、シチトウメジロなどです。

4月上旬の開催なので、航路ではアホウドリ類も見られるチャンスです。「新 海鳥ハンドブック」の著者、箕輪さんが同行されるので、わからないことはなんでも聞けちゃいますね。

船上デッキからは、アホウドリ、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、オオミズナギドリ、カツオドリ、トウゾクカモメ、カンムリウミスズメなどが期待できます。

 

日程は、4月2日(金)の夜に竹芝客船ターミナル集合、翌日朝に八丈島到着し、同日昼頃三宅島に到着。三宅島で一泊し、4月4日(日)夜に東京到着・下船後解散というスケジュールです。乗船後はいつでも海鳥観察可能です。

週末を利用して海鳥観察旅行なんて、素敵ですよね(*^^*)

残席は残り僅かですので、検討中の皆様お急ぎください!

また、残席がある場合も3月12日が締め切りとなります。

 

お問合せやお申込みは、(株)トラベル・パートナーズさんへご連絡ください。

● (株)トラベル・パートナーズ 

https://travelpartners.co.jp/special/sp005/

 

Hara

 

« 春のタカ渡り速報が出始めましたよ! | トップページ | 【(4/5発売予定)野鳥手帳「あの鳥なに?」がわかります!】ご予約受付開始! »

ご案内」カテゴリの記事

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ