最近のコメント

最近のトラックバック

« 会員限定セールを準備中です | トップページ | 春のタカ渡り速報が出始めましたよ! »

初心者予習講座② 冬の河口で見られそうな鳥を事前にチェック

今回は、多摩川や荒川などの河口部で見られそうな鳥をチェックしてみましょう。環境のイメージは、汽水域で潮の満ち引きがあり、干潟やヨシ原、グランドなどがあるような河川敷周辺です。

Photo_20210112194501


まず河川では、カモの仲間(カルガモ、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ホシハジロ...)やオオバン、カンムリカイツブリ、カワウなど。

Photo_20210112194601


岸辺ではダイサギやコサギ、アオサギなども探します。

R_20210112192601

R_20210112192701


干潟が出るようなところがあれば、セイタカシギやイソシギなどがいるかもしれませんね。

Photo_20210112192701


そしてヨシ原では、オオジュリンやアオジ、カシラダカ、セッカ、ウグイス、シジュウカラなども要チェック。

実はヨシ原を利用する種は多く、メジロやモズ、ヒヨドリなどがいたりもします。

あまり鳴かないので目立ちませんが、セッカは留鳥で、一年中ここのヨシ原にいるんです。

ヨシ原の鳥は声が頼りの場合が多いので、地鳴きをしっかり覚えてみましょうね。

アオジもカシラダカも文字にすると「チッ」ですが、アオジの方が強く、カシラダカはやや弱くてかすれるような声の印象です。

こうして比較することで、互いの特徴がより鮮明になりますよ。

ここでも役立つのは、「声が聞こえる!ペン」&「声が聞こえる!野鳥図鑑 増補改訂2版」セット日本野鳥の会 CD鳴き声ガイド 日本の野鳥  などです。

R_20210112193301


そしてグランドには、ツグミやハクセキレイ、タヒバリ、ヒバリなどが降りているはず。

これらの種も声を覚えればすぐに識別できますし、名前が似ているタヒバリやヒバリはプロポーションでもわかります。

そう、やはり識別は比較が大事なんです。

次の写真を見ると、タヒバリがセキレイの仲間だと想像できるのではないでしょうか。

Dsc03543r


ヨシ原が広ければチュウヒがいるかもしれませんし、チョウゲンボウやハヤブサ、ミサゴ、オオタカなどに出会うことができるかもしれませんね。

 

Yosinari_20200311143501

« 会員限定セールを準備中です | トップページ | 春のタカ渡り速報が出始めましたよ! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ