最近のコメント

最近のトラックバック

« フォトサイトシリーズ Kingfisher(キングフィッシャー)Ⅱ 残り2台です! | トップページ | 「新 海鳥ハンドブック」、「羽根識別マニュアル」本日発売です! »

かわはくの企画展示「タカ・ハヤブサ・フクロウ ~荒川流域の猛禽類~」が見た~い!

申し訳ありませんでした、”かわはく”って知りませんでしたが、埼玉県立 川の博物館のことだったんですね。

ここで魅力的な企画展示が行われているそうです。

Kawahaku


webサイトを拝見すると、企画展示の解説がありました。

<かわはくのwebサイトより>


企画展示「タカ・ハヤブサ・フクロウ ~荒川流域の猛禽類~」

期間: 2020年9月26日(土)〜2020年11月23日(月·祝)
場所:第2展示室

荒川流域の猛禽類
荒川流域には山地に生息するクマタカ、低山・丘陵地などに生息するオオタカ、汽水域のミサゴ、近年都市部にも進出しているハヤブサなどの猛禽類が見られます。これらを剥製標本で紹介します。

また、ハンターである猛禽類の獲物について、哺乳類や爬虫類など大小様々な獲物を剥製標本などで展示し、猛禽類の獲物を通して荒川流域の環境や生態系のつながりを紹介します。

人々と猛禽類
人々と猛禽類は古くから関係があったと考えられています。古代人との関わりとして、タカと推測される鳥類を腕に載せた人物埴輪(一部・レプリカ)を展示します。また、江戸期に県内の平野部でおこなわれていた鷹狩りについて、その様子を描いた絵巻物、放鷹の道具なども紹介します。

さらに、最速の象徴とされているハヤブサや、幸せを呼ぶ鳥として親しまれているフクロウなど、現代の人々と猛禽類の関わりも紹介します。


....どうですか、この解説だけでも、見に行きたくなりますよね。

そしてなんと、関連イベントも魅力的!

●放鷹観察会
日時:11月15日(日)13:30〜15:30
場所:ファミリー広場
定員:なし
参加費無料(別途入館料が必要です)

 

ということで、詳しいことは、かわはくのwebサイトをご覧ください。

埼玉県立 川の博物館

20201015ss00002
(クリックすると、大きくなります)

 

 

Yosinari_20200311143501

 

« フォトサイトシリーズ Kingfisher(キングフィッシャー)Ⅱ 残り2台です! | トップページ | 「新 海鳥ハンドブック」、「羽根識別マニュアル」本日発売です! »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ