最近のコメント

最近のトラックバック

« 【 レンズコートセール 】は3月1日(日)まで!お急ぎくださいっ!! | トップページ | 新型コロナウィルス感染症への対応 & ”わえかきや”ピンバッジ大量入荷について »

よっしーの<極寒の道東鳥見旅レポート> その4

4日目は根室半島をじっくりと巡り、チシマシギとチシマウガラスを第1のターゲットとしました。民宿たかのを出た後には、途中の港などを見ながら、温根元のハイドを目指しました。

途中の花咲港や歯舞港では、コオリガモやクロガモ、ウミアイサなどが観察されましたね。

1dsc06176

1dsc06307

1dsc05269

1dsc05299 

そして、シロカモメやワシカモメも。

1dsc05962

1dsc06358

温根元のハイドには、時間帯を変えて2度行ってみましたが、残念ながら、チシマシギには出会えず...。

チシマシギがいる岩までの距離も遠く、ここはスコープの出番となりますが、なかなか出会うことがないですね。

でもハイドに行く途中には、道路脇の雪原でノスリの探餌が観察されました。

ノスリは強風でも上手に風を受け流し、空中にとどまっていられるんですね。

Dsc05380

1dsc05467 

チシマシギは外したので、もうひとつのチシマ(チシマウガラス)は、ぜひともゲットしたいところでしたが、午前中の観察では惨敗。

でも灯台横のハイドからは、ケイマフリやウミバト、ウミスズメ、コウミスズメなども観察されましたね。

ところで、灯台横のハイドはご存知でしょうか?

温根元のハイドもそうですが、こ~んな感じで、観察できますよ。

Img_6769

Img_6766

Img_6764

Img_6767

 

 

夕方も近づき、納沙布岬のチシマウガラスにチャレンジしましたが、やっぱりいない...(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

これはダメかと思っていたら、1羽のウがバタバタと飛んできました。

双眼鏡でよく見ると、うわー、嘴の白っぽいチシマウガラスでした。

「やったー」と思って喜んでいたら、一番見たいと言っていた方が「見えなかった...」と。

ならば今一度と...と粘るも、その後の飛来なし。

もうだめかと思いながらも一回りして戻ると、岸壁に飛来してくれていました~!!!

なんとか全員で見られ、本当によかったです。

1dsc06666

1dsc06519 

さて本日の宿は、春国岱入口近くにある民宿風蓮(http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/5stay/5snm-fuuren.htm )です。

ここのオーナーの松尾さんも、バリバリのバーダーなんです。

外国からのお客様も多いようですが、松尾夫妻のほのぼのとしたお人柄に癒される方が多いようですよ。

庭には立派なエサ台ができ、アカゲラやシメなども来ていました。

写真の夕食の魚の煮つけは、氷下魚(コマイ)という魚です。

Img_6778

Img_6779

Img_6775

Img_6771

 

 

よっしーの<極寒の道東鳥見旅レポート> その5 に続く

よっしーの<極寒の道東鳥見旅レポート> その1
よっしーの<極寒の道東鳥見旅レポート> その2
よっしーの<極寒の道東鳥見旅レポート> その3 はこちら



Yosinari

« 【 レンズコートセール 】は3月1日(日)まで!お急ぎくださいっ!! | トップページ | 新型コロナウィルス感染症への対応 & ”わえかきや”ピンバッジ大量入荷について »

探鳥記」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ