最近のコメント

最近のトラックバック

« 世界遺産白川郷は、自然がいっぱいの探鳥地だった!?byわかば | トップページ | ロッキーさんが水元公園(12月15日開催)の下見に行ってきました! »

鳥の楽園・コスタリカに行ってきました その3

コスタリカ探鳥2日目は、朝食前の宿周辺での探鳥からスタート。特徴的な鳥をいくつか紹介しますが、まずはヒロハシハチクイモドキ。

図鑑のイラストだと真横からのカットで分かりませんが、たしかに嘴の幅が広いですね。何を食べているのか...。

1dsc07532

つぎは、なんとなくシルエットが似ているアカオキリハシ。

全体的に、カワセミを縦に伸ばしたようなフォルムですが、この嘴はどのように使うんでしょうかね??

刺されると痛そう...(゚Д゚;)

1dsc08236

ケッツアールと同じキヌバネドリの仲間の、ガーターキヌバネドリも出現。

この仲間は、尾羽の内側の模様に各種の特徴があります。

Dsc07381

カンムリシャクケイは地上にいそうな大型の鳥ですが、見られたのは樹上にいる個体ばかり。

じっくり行動を観察してみたいところでしたが、つぎからつぎへと鳥が出るので、早々にスルー。

1dsc08018

そして、この地域一番のレアバードは、なんとも地味なモリシギダチョウ。

実はこの写真だけ、前日の日没間際に撮影したものなのですが、ガイドも写真を持っていないというほどの貴重な確認だったそうです。

暗かったので写真もイマイチですが、滅多に見られない種となると、テンションが上がりますね。

1dsc06979

朝食後は車で移動し、本日の目玉であるトキイロコンドルを狙いました。

このコンドルは、まさに”奇鳥”。すごい鳥でした!!

 

1dsc08578

飛翔時は美しい鳥なのですが、手前のクロコンドルと比べると貫禄もあります。

さすが、King Vulture。

1dsc09893

でも凄いのは、顔のアップ。まるでSF映画に出てくるようなその姿、小さな子供だと、ひきつけをおこしそう...。

こんな鳥がいるんですね~!

11dsc00625

ちょっと若い個体も出現。

1dsc00158

1dsc00558

もっと若い個体も...。若い個体は黒っぽいので精悍に見えますが、行動は遠慮がちでした。

1dsc00942_20191121085701

トキイロコンドルの前ではすっかり霞んでしまいますが、せっかくなのでクロコンドルも。

トキイロコンドルと比べると、とっても普通の鳥に見えます。

1dsc00191

11dsc00191

いや~、本当にすごかったです。

本当は、このあと宿に入って小鳥類も観察しましたが、それは3日目と合わせて紹介します。

 

その4につづく>>

<その2はこちら

<その1はこちら

Yosinari

 

« 世界遺産白川郷は、自然がいっぱいの探鳥地だった!?byわかば | トップページ | ロッキーさんが水元公園(12月15日開催)の下見に行ってきました! »

探鳥記」カテゴリの記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ