最近のコメント

最近のトラックバック

« 「うみどりまつりⅡ」御礼! | トップページ | <速報!>今週末のホビーズ観察会ではスワロフスキースコープ&双眼鏡がお試しいただけます! »

鳥の楽園・コスタリカに行ってきました その4

さて、2日目はボカ・タパーダのロッジに泊まりましたが、このロッジは鳥見宿でした。テラスのエサ台(といっても、ほぼ、その辺で獲れるバナナのみ)には、赤青黄色、大小合わせて、いろんな鳥たちがやってきます。

ぱっと見で一番品がよさそうに見えるのは、ニショクキムネオオハシ。

1dsc03632

 

そう、ニショクがいるならサンショクもおり、こちらもエサ台にやってきました。

本当によく似ており、ニショクが大人でサンショクが若者...といっても通用しそうな印象でした。

大きさは、ニショクの方が一回り大きいです。

 1dsc04557 

Toucan の仲間はまだおり、オオハシよりも小柄なムナフチュウハシも飛来。

1dsc05220

オオハシはたいてい1羽か2羽でやってきましたが、ムナフチュウハシは団体さんで飛来。

食欲はチュウハシの方が旺盛のようです。

下の2羽は、「おいこら、いつまで食ってんだよ!!」と言っているよう...。

1dsc05444

つぎはカラフルな小鳥たち。

まずは、カラフルな中ではちょっと薄目で上品な感じのソライロフウキンチョウ。

1dsc04315

そして赤い鳥、ナツフウキンチョウ。

1dsc04484

信じられない配色のキンズキンフウキンチョウ。

なんでこんな複雑な模様なのか分かりませんが、名前つけるのも大変そうですよね。

1dsc06705

光沢のあるブルーグリーンの鳥は、ズグロミツドリ。

1dsc04808

こちらは深い青のアオミツドリ。

ボディの深い色と、淡い黄色の足の対比がおもしろいですね。

1dsc06637

黄色と黒でカッコいいクロズキンムクドリモドキ。

1dsc01860

ちょっと似ているものの、オレンジがかるボルチモアムクドリモドキ。

1dsc02782

とにかく、こんなカラフルな鳥たちが、入れ代わり立ち代わりやってくるのですから、皆で楽しく撮りまくりました。

一緒にいた中国人グループは大砲を並べていたので、入りきらずにバックして撮る人もいましたね。

(まだまだ続きます✨)

その5につづく>>

<その3はこちら

<その2はこちら

<その1はこちら

Yosinari

« 「うみどりまつりⅡ」御礼! | トップページ | <速報!>今週末のホビーズ観察会ではスワロフスキースコープ&双眼鏡がお試しいただけます! »

探鳥記」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ