最近のコメント

最近のトラックバック

« スリックの小型ビデオ雲台 SVH-500 はアルカスイス互換ですか? | トップページ | 2020年「千島列島バードスペシャル 夢のサハリン~千島列島~カムチャッカ航路」ついに発表! »

BIRDER12月号は「田園の殺し屋」!?モズ特集です

とっても可愛い表紙なのに、見出しはおだやかじゃないタイトルの今号…

BIRDER 2019年12月号 販売価格1,100円(10%税込)

201912

モズに「田園の殺し屋」なんて別名があるのを知りませんでした。

「小さな猛禽」なんて呼ばれるほどモズが狩りをするイメージは強いですが、くりくりの瞳とでっかい頭で三等身に見えるボディバランスは「かわいい」が勝つと思うんですけど…(笑)

見た目だけでなくぐりぐり回る尾羽、最近理由が解明された「はやにえ」など行動も面白いモズは、本号を読んで、観察しやすい冬しっかり見たい種類ではありますね。

個人的に今号でオススメしたいのが、「鳥業界、旬なヒト対談 タナカが今、話したい人
一番後ろの白黒連載ですが、毎号ビックゲストを迎え、アルパインのプロガイド田仲さんが聞きたいことをぐいぐい聞く斬新な構成です。今号は鳥の和名について。

常々、英名の方が分かりやすい!と思っているのですが、どうやって和名が決まるのか知ることができますよ!注意したいのがよくある「鳥の名前の意味」では無いことですね。何が違うの?と思った方、今号のBIRDER必読です♪

Tuchiyas

« スリックの小型ビデオ雲台 SVH-500 はアルカスイス互換ですか? | トップページ | 2020年「千島列島バードスペシャル 夢のサハリン~千島列島~カムチャッカ航路」ついに発表! »

おすすめ書籍」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ