最近のコメント

最近のトラックバック

« ご好評につきバードウォッチングフェアが6月16日(日)まで延長になります!! | トップページ | 6月の「観察&撮影教室」は、命がけで海水を飲みに来る大磯のアオバトがターゲットです! »

インド・ラダックで「ユキヒョウと人との共存の道を探るボランティアツアー」のご案内

皆さんは、「ユキヒョウ」と聞いてどんなことを想像しますか?私は、絶滅危惧種、幻の動物…そんな自分とはかなり遠いところにいる存在をイメージします。日本に住んでいると、見られるのは動物園でだけですから、檻の向こうの、遠くの世界のいきものと感じられる方が多いのではないでしょうか。

そんな幻の動物に魅せられ、野生のユキヒョウに会いにいっちゃった日本人がいます。秋山知伸氏です。

秋山知伸氏によれば、 ユキヒョウはちゃんと地球上に存在します。そして、ユキヒョウが生きている地域では、そこで生活する人間との軋轢まで生じている”身近な”存在らしいのです。

ユキヒョウが生きる地域で暮らす人々は、家畜を飼い、自給自足の生活を送っています。そんな生きる糧ともいえる家畜をユキヒョウが襲ってしまうことがあるのだとか。ユキヒョウだって生きるために襲うのですが、人々だって家畜を奪われるのは死活問題です。

秋山氏はそんな現状に心を痛められ、何かできないかと、インド・ラダックで「ユキヒョウと人との共存の道を探るボランティアツアー」を企画されました。

20180410ss00001

 

このツアーでは、インドの高地 ラダック フォトグザール村で家畜小屋作りなどのボランディア活動をします。そのため、ラダックを訪れるツアーとしてはかなりの破格。秋山氏の「ユキヒョウとの共存」という想いが詰まっています。現地の生活を体験し、生き物との共存を考える機会は、普通の観光ツアーでは体験できませんから、貴重な機会になるでしょう。

詳しくは、下記サイトから秋山氏自身のコメントをお読みください。

ラダックでユキヒョウと人との共存の道を探るボランティアツアー 2019> 
日程 08月05日(月)〜08月19日(月) 15日間
お問い合わせ・お申し込み先
西遊旅行 東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
TEL 03-3237-1391(代表) / FAX 03-3237-1396
営業時間:月曜~金曜 10:00~18:30 (土・日・祝祭日 休業)
Tuchiyas_2

« ご好評につきバードウォッチングフェアが6月16日(日)まで延長になります!! | トップページ | 6月の「観察&撮影教室」は、命がけで海水を飲みに来る大磯のアオバトがターゲットです! »

イベントのお知らせ」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ