最近のコメント

最近のトラックバック

« 見つけてもそのままに!ヒナを拾わないで!! | トップページ | 極東の鳥類 最新36号発刊!特集は鳥類相です。 »

シギチの聖地・有明の干潟を訪ねたら...

関東でも飛来するシギチの個体数が増えており、シギチファンには待望の季節となりました。そんな中、九州の有明海に嬉しい施設オープンのニュースが...

Img_2199

九州の有明海といえば、シギチファンならずとも、一度は訪ねてみたい野鳥の楽園として世界的にも知られています。

とくに渡りの季節には、多数のシギチが飛来する重要な湿地なのですが、初めて訪れた方は、あまりの広大さに本当に驚くはずです。

せっかく訪ねるのだから、有明の干潟のことも知りたいと思った方も多いはずですが、そんな方にドンピシャの施設がオープンするそうです。

場所はこのあたり...鹿島市。

20190412ss00001

九州の地理に明るくない方のために少し拡大すると、シギチの観察地・東よか公園(東与賀干潟/大授がらみ)の南西に位置することがわかると思います。

Tizu-2

まだオープン前で詳細が分かりませんが、新聞報道によると、鹿島市の「道の駅鹿島」の隣に、有明海の干潟が一望できる展望デッキと、固有の生き物を観察できるミニ水族館を備えた「市干潟交流館」が13日にオープンするとあります。

旧施設からグレードアップした水槽には、ムツゴロウやワラスボなどの生き物も展示されているようですね。

干潟体験などのイベントもあるようですから、お時間に余裕のあるかたは、いろいろと体験してみましょう!

●西日本新聞のウェブサイトニュース
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/499954/?fbclid=IwAR0_4UNIUrziV8wjbkDo00IwweIR8zSM_ntG28vd9rTDQIGTXKWCb0shELc

Yosinari

« 見つけてもそのままに!ヒナを拾わないで!! | トップページ | 極東の鳥類 最新36号発刊!特集は鳥類相です。 »

ミミより情報」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ