最近のコメント

最近のトラックバック

« シギチの聖地・有明の干潟を訪ねたら... | トップページ | 定番携帯イス「ウォークスツールシリーズ」の高さ65cmモデルが入荷しました! »

極東の鳥類 最新36号発刊!特集は鳥類相です。

日本とロシア極東の鳥類研究者間交流を目的として発足した極東鳥類研究会。

その会員向けの論文集である「極東の鳥類」シリーズの最新刊が入荷しました。

Kyokutou36

特集は「鳥類相」です。

今回も大変貴重な資料がまとまっています。目次を見てみると…

・ニジネコリマーツンドラの鳥類相:気候変動に伴う長期の動態
  1.20世紀と21世紀十数年のニジネコリムスクの鳥類相動態
  2.指標種の生息状況、分布、生息数
・豆満江下流部の鳥類とその保護
・ピョートル大帝湾北西部の島の鳥類相
・シホテアリン中部における鳥類の種構成と生息状況の特徴
・ゼア川上流域の鳥類
・ニジネ・プリアムーリエの広葉樹林の鳥類個体群と食性の研究資料
・コマンドル諸島の数種鳥類の観察
・ペンジン地方の鳥類
・コリャーク高地南部における鳥学上の発見
・オジョギン谷の鳥類相と生態分布
・ヤクーツク植物園の鳥類
・チュコト北東部の鳥類相と分布
・ウランゲル島のツンドラで繁殖する鳥類の生態分布
・引用文献

…(;一_一) 私は海外の地名や、日本国外の鳥に明るくないので、目次を読んだだけではピンときません…(/_;)

そこで、内容を読んでみました。たとえば、「・ピョートル大帝湾北西部の島の鳥類相」ではピュートル大帝湾の島々生息する鳥の種類や数、繁殖環境が説明されています。なんでも、これまでの研究者の主な関心が大陸部の鳥に向けられていたため、島の鳥類相は明らかになっていなかったそう。
オオミズナギドリやヒメクロウミツバメ、チュウジシギ、ハシブトウミガラスなどの繁殖の様子が載っています。

もともとはロシア語だった文献ですから、日本語ですらすら読めるのは大変ありがたいですね。目次を見ただけでは、ピンとこない方も、中身を読むとワクワクしてしまうと思います。

⇒「極東の鳥類36」のご購入はコチラ

Tuchiyas

« シギチの聖地・有明の干潟を訪ねたら... | トップページ | 定番携帯イス「ウォークスツールシリーズ」の高さ65cmモデルが入荷しました! »

新入荷!!」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ