最近のコメント

最近のトラックバック

« レオフォトのコスパ最高の3段カーボン三脚「LS-323C」を入荷しました! | トップページ | 4月21日(日)の葛西臨海公園「第6回・観察&撮影教室」詳細 »

よっしーの「春の奄美大島探鳥記」 その1

3/18~20の日程で、調査スタッフたちと共に奄美大島に行ってきました。奄美大島は一足早い春。渡りの鳥たちも見られましたよ(*゚▽゚)ノ
まず自然観察の森では...
Img_3802

 

 今年は固有種ルリカケスがたくさん見られました。
この森には数つがいがいるようで、すでにヒナが巣立っているペアのほかに、巣作り真っ最中といったペアも観察しました。
次の個体はすでにヒナが巣立った巣の親で、すでに飛び回っているヒナのためにエサを運んでいました。
R1m3a0097
そして次の個体は、巣材を調達したり、やや離れた場所に巣材を運んでいました。
柔らかい繊維のものを運んでいるので、巣はほぼ出来上がっているのでしょうね。

Ruri
そして、オーストンオオアカゲラ。
今年はメスしか見られませんでしたが、林内に響き渡るドラミングは迫力満点でした!
R1m3a0129
そして、森の鳥といえばアカヒゲも外せませんが、今年はこの森では見られませんでした。
さかんにさえずるものの、なかなか林内から出てきません。昨年は人目も気にせず出てきていたのですが....
森の中心部は遊具が片付けられて見通しがよくなっていましたが、なにか影響しているのでしょうか?
Img_3805
ということで、別の場所で撮らせてもらった画像を紹介します。
かなり明るく見えますが、日没のころだったので、ISOはMaxの16000という状況です。
Akahige-r
つぎは、湾内に浮かぶ生簀が舞台です。

Img_3826
生簀にズームしてみると...、クロサギがいました!

R1m3a8962
さらにズームしてみると...、黒いクロサギと白いクロサギがいますね。
鳥見初心者の方は???かもしれませんが、クロサギには黒っぽいタイプの個体と白いタイプの個体がいるのです ȏ꒪)エッ?
つまり、左が黒いクロサギで、右が白いクロサギです(紛らわしいですね)。
R1m3a8857r
白い個体はちょっとコサギに似ていますが、足が短くて黄色っぽく、嘴の色も異なりますね。
R1m3a9284
Yosinari

« レオフォトのコスパ最高の3段カーボン三脚「LS-323C」を入荷しました! | トップページ | 4月21日(日)の葛西臨海公園「第6回・観察&撮影教室」詳細 »

探鳥記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ