最近のコメント

最近のトラックバック

« 国内外で活躍する画家たちと一緒に、霧多布(道東)の風景をスケッチしませんか? | トップページ | キヤノンギャラリー(品川)写真展「アホウドリ復活への挑戦 -小笠原で行われたこと-」 »

ヨッシーのタンザニア鳥見レポート 其の伍

タンザニアの鳥も、いよいよ終盤です。
アフリカの醍醐味はやはり非スズメ目。特徴的で、魅力的な鳥たちがたくさんいます。
まずはアフリカオオノガン。

R1m3a2963

-----------------------------------

ノガンですからね。
警戒心が強くて遠くを歩くところしか見られない....と思ってましたが、動物が多いという火山クレーターに行くと、すぐ道の脇にたたずむ個体がちらほら。

R1m3a2124

「あっ、何か狙っている」と思ったら、いきなりジャンプ!
このでかい体で、小さな昆虫を食べていました (lll゚Д゚)

R1m3a1634

オオノガンが出たので、セネガルショウノガンも。
これ、結構かわいいでしょ!

R1m3a2246

今後は逆に、物騒な奴等。
湿地の鳥を見ていた時にやってきた物騒な一団は、このミナミジサイチョウ。

R1m3a0575

でかいし、黒いし、ごっついし...。
街中で会ったら、きっと道を譲ってしまうと思うほど、迫力満点の奴等でした。

R1m3a0626

お口直しは、セグロコサイチョウでいかがでしょうか?

R1m3a2649

ちょっと似ている、タンザニアアカハシコサイチョウも。

R1m3a3387

はっきり確認したエボシドリは、クロガオハイイロエボシドリのみ。

R1m3a3285


サケイの仲間は、キノドサケイのみ普通に観察。
サケイは飛翔力もありカッコイイ鳥ですが、ここではシャコと同じ環境にいて紛らわしいのです。
図鑑でシャコの仲間を調べていても該当がなく、あとでサケイと気づきました。
飛ぶところも、一度も見なかったしね。
左がオスです。

R1m3a1955

実は、タンザニアの写真は半分以上が手つかず状態です。
その前に行った千島に至っては、ほぼ手つかず....。
〈同シリーズのバックナンバー〉
ヨッシーのタンザニア鳥見レポート 其の壱

Yosinari

« 国内外で活躍する画家たちと一緒に、霧多布(道東)の風景をスケッチしませんか? | トップページ | キヤノンギャラリー(品川)写真展「アホウドリ復活への挑戦 -小笠原で行われたこと-」 »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ