最近のコメント

最近のトラックバック

« 野鳥プロカメラマン山田芳文氏著「写真は"構図"でよくなる!」入荷しました | トップページ | ヨッシーの千島列島クルーズレポート③ »

ヨッシーの千島列島クルーズレポート②

すでに帰国していますが、千島列島クルーズの報告をしていきたいと思います。

まずは船の紹介から...
11

--------------

船はアフィナ号という名称で、長さ15mほどの小さな船です。
この船は、研究者を乗せる調査船として活躍しているようで、居住性よりも機能性が重視されています。
つまり、鳥が見やすい...!
下記写真をご覧頂ければわかるように、両舷に屋根のある1Fは船首でも後方でも観察できます。
操舵室のある2Fも、前から両舷、後方も利用可能。
さらにアンテナのある3Fにも上れます!
フェリーや客船では考えられないような、鳥見には理想的な船ですよね(*^m^)

15

17

だから、部屋の狭さなんて気になりません!(ほんの少しだけ不便でしたが...)

14

船のスタッフは皆ロシア人。
どんな人たちかと心配しましたが、なかなかフレンドリーな方々でした。

12

今回はこのアフィナ号からだけでなく、ゾディアックボートによる接近や上陸も行われました。これが更に効果的で、行動範囲も劇的に広がるのです!

13

今回のクルーズは「アドベンチャークルーズ」という名称のツアーで、島の景観を楽しむ方、島に上陸してのハイキングや温泉目当ての方、植物観察目的の方など11名が参加しており、鳥目的は私と相棒のA氏の2人だけでした。

というわけで、鳥の状況は次回からレポートしますが、1枚だけ鳥のカットを紹介しておきます。
日本では1羽でただけでも大喜びのエトピリカですが、今回は、どこにでもたくさんいる普通種扱いでした! 
「なんだエトピリカか...」などという声が聞こえてくるほど、我々は贅沢な時間を過ごしてきたのです。15_2

ヨッシーの千島列島クルーズレポート③へつづく

ひとつ前のレポートはコチラ↓
ヨッシーの千島列島クルーズレポート①

Yosinari

« 野鳥プロカメラマン山田芳文氏著「写真は"構図"でよくなる!」入荷しました | トップページ | ヨッシーの千島列島クルーズレポート③ »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ