最近のコメント

最近のトラックバック

« MONARCH(モナーク) HG 32mm口径モデル7/13 発売・ご予約受付開始! | トップページ | MONARCH(モナーク) HG30mm本日発売しました!展示もスタート! »

千島列島クルーズ・ブログ紹介の予告です

「千島列島」と聞いて”ピクピクッ”と反応する方は、きっと海鳥が大好きな方なのだと思います。

千島列島は北海道の根室半島とカムチャツカ間の島々を指しますが、北方四島が南千島に位置すると聞けば、おおよその位置が想像できるのではないでしょうか。

20180708ss00001_2

--------------
実は、ちょっと縁があり、そんな千島列島のクルーズに参加することになったのです happy01
あっ、クルーズと言っても、もちろん豪華客船じゃないですよ!
船は150tほどしかないので、本当に小さな船なんです。
船は全長36.15m、幅6.2mなのですが、舳倉島航路の船が長さ37.0m、幅6.5mですから、ほぼ同じサイズですね。
舳倉に行かれたことがない方は、少し大きめの漁船と思って頂ければよいと思います。
だから自信を持って言えます!
この船なら揺れない...などということは絶対になく、逆にどれほど揺れるのだろうかと心配しています。
何はともあれ、現地で得られた結果を当ブログでも少しずつ紹介していきたいと思いますので、どうぞご期待下さい。

行程の概要は以下の通りです。
---------------------------------
【行程】
7/19 成田空港→ウラジオストック
7/20 ウラジオストック→ペトロパヴロフスクカムチャツキー
7/21 ペトロパヴロフスクカムチャツキーからクルーズ出港して南下
.........(千島列島を巡ります).........
7/28 ~ウルップ島 ウルップ島から帰路となり北上
~7/31 ペトロパヴロフスクカムチャツキー帰港
8/2 ペトロパヴロフスクカムチャツキー→ウラジオストク→成田空港
---------------------------------

つまり、カムチャツカ半島の先端近くから択捉島の少し北までを小さな船で往復するということです。
どんな出会いがあるか楽しみですが、同時に、千島海峡をこんな小さな船で往復する怖さや無謀さ(?)も感じています(((゚Д゚)))。

Yosinari

« MONARCH(モナーク) HG 32mm口径モデル7/13 発売・ご予約受付開始! | トップページ | MONARCH(モナーク) HG30mm本日発売しました!展示もスタート! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ