最近のコメント

最近のトラックバック

« 東京都大手町で開催!「北海道 天売島 ケイマフリ展」のご案内 | トップページ | 本日3月1日12時から「決算セール」はじめます! »

道東の鳥の宿を紹介します(vol.1)

年に何度もでかける道東ですが、バーダーが経営する宿もあります。

ご存知の方も多いと思いますが、1軒ずつ紹介させて頂きます 

Eto1_2

==================================

50音順で、まずは霧多布の「えとぴりか村」さんから...。


Eto5

えとぴりか村は霧多布岬の少し街寄りにあり、周辺には野鳥も多く生息しています。
この冬は鳥が少ないとはいうものの、庭のエサ台にはハギマシコの群れが訪れます。

Eto2


「ひゃ~寒そう...」って、そりゃそうですが、見るだけなら室内からも観察できます。

Eto3

鳥が来てから外に出ても間に合いますからね。
寒さもなんとかなるでしょう!
先日はこの窓の内側から、杭にとまるコミミズクも見せて貰いましたよ!

あっ忘れてた。ここで撮影したハギマシコです。
我ながら、ナイスショット!!

Hagimasiko

そして体が冷え切ってしまったら、夕方には近くの温泉「ゆうゆ」に行きましょう。
ゆうゆは、車ならほんの2~3分の至近距離にあり、霧多布の街を見下ろしながら入浴できるのです。
だから、一番のお薦めタイムは夕暮れ時...。

さてさて、そんなえとぴりか村なのですが、な、なんと、食事がなくなっちゃうんです~
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Eto4



ここの宿の楽しみは、庭の小鳥たちを撮影できること、鳥好きオーナー夫妻に会うこと、そしておいしい食事を頂くことだったのですが、4月から夕食がなくなるのだそうです。
一品、一品がとても美味しいので残念ですが、奥様の負担を考えると仕方ないですかね...

夕食は街で頂くことになると思いますが、早めに投宿して相談するとよいですね。
なお朝食は、ごくごく簡単な内容で無料提供されるそうです。
詳しくは、えとぴりか村のウェブサイトを参照下さい。

もちろん、宿の周囲には夏鳥たちもたくさんいますので、夏冬問わずにご利用下さい。
鳥見の大先輩・えとぴりか村村長(オーナー)の話も勉強になりますし、時折入る奥様の突っ込みも楽しいです(≧∇≦)


〈えとぴりか村 ウェブサイト〉
http://www5b.biglobe.ne.jp/~pirika/

Yosinari

« 東京都大手町で開催!「北海道 天売島 ケイマフリ展」のご案内 | トップページ | 本日3月1日12時から「決算セール」はじめます! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ