最近のコメント

最近のトラックバック

« 追加開催決定! 初心者向け野鳥撮影教室のご案内 | トップページ | 今年のカレンダーを半額で販売いたします! »

羅臼のワシ撮影船に乗ってみた...

流氷が接岸する厳冬期の羅臼は、人もワシも大賑わいです。

Img_0191


--------------------------

その牽引役は、シマフクロウの見られる宿やワシ撮影船。
1月下旬の訪問時には流氷はまだ来ていませんでしたが、船はでるというので乗ってみました。
すると、港をでてほんの数分のところで船は停止。
魚を投げると、オオワシやオジロワシが来ること来ること...。
写真は少しトリミングしていますが、300~400mmなら充分の距離で撮り放題。

Ajv1a1401

Ajv1a1284_2

所要時間は2時間と聞いていましたが、こんな近場で入れ食い状態だと、さずがに時間がもちません。

すると船は堤防に近づき、堤防上や近くの海上に魚を投入。

Img_0204

 

堤防上には、すでにある程度食べて余裕のワシたち。(スマホ画像)

Img_0210

Img_0205


結果として、飛来するワシは、オオワシとオジロワシを合せて100羽ほどでした。
もうひとつ驚いたのは、約30名の乗船客のうち、日本人は4人ほどだったこと。
すでに外国でも広く知られているんですね。

いろんな意味で驚きました Σ(゚д゚lll)

Yosinari_2

« 追加開催決定! 初心者向け野鳥撮影教室のご案内 | トップページ | 今年のカレンダーを半額で販売いたします! »

探鳥記」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ