最近のコメント

最近のトラックバック

« オーストラリア・ケアンズ探鳥記vol.1 | トップページ | 「野鳥写真の撮り方」&「1年で120種類の野鳥と出会える本」のサイン本入荷! »

オーストラリア・ケアンズ探鳥記vol.2(高原編1)

初日の午前に市内周辺で鳥見した後、シラオラケットカワセミで有名なキングフィッシャーパークロッジへ向かいました。今はラケットはいませんが、最初の2泊は、このロッジでした。
まず2日目の早朝には...

1jv1a8019

ブレブレ写真で恐縮ですが、日の出前に観察したカモノハシが写っています。

ロッジの敷地には、キンバトも時折姿を見せます。

1jv1a8082

キアシヒタキもよく見かけますが、この鳥はゴジュウカラのように木の幹にとまります。どんな足の構造をしているのかわかりませんが、後指が長いように見えますね。

1jv1a8156

ラケットの時期(12月初旬前後)にはあまり見かけませんでしたが、今回はカミカザリバトもよく見かけました。
その名の通り、変わったヘアースタイル(?)をしています。

1jv1a8938

モリショウビンも、宿の周辺ではよく見かけました。

1jv1a8745

日中は、少し乾燥した地域にも足を伸ばしました。
鳥に興味のない方は、何も写ってないように見えるかもしれません。
小さい方のフロッグマウス、オーストラリアガマグチヨタカがとまっています。
それにしても、見事に樹皮と同じ模様ですね。

1jv1a9579

ガマちゃんと同じキャンプ場には、かわいいモモイロインコが群れていました。よく見ると2羽単位でいることが多く、適当に距離を取ってペアでいるようです。きっと、これから繁殖するのでしょうね。

1jv1a9717

そして牧場では、オーストラリアオオノガンを発見。
前回は10羽近く見ましたが、今回はたったの1羽でした。
このあたりは暑くてキツネも棲めないそうですが、少し涼しい南の地域では、キツネの影響で激減しているそうです。

1jv1a9960

2日目の夕食後には、もう1種のフロッグマウス、パプアガマグチヨタカを発見。
宿へ帰る途中の杭にとまっていました。
正面から見ると、フクロウのようです。

1jv1a1006

オーストラリア・ケアンズ探鳥記vol.3(高原編2)に続く

Yosinari

« オーストラリア・ケアンズ探鳥記vol.1 | トップページ | 「野鳥写真の撮り方」&「1年で120種類の野鳥と出会える本」のサイン本入荷! »

探鳥記」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ