最近のコメント

最近のトラックバック

« 井の頭公園の生き物がぎっしり200種詰まった「井の頭公園いきもの図鑑」、入荷しました! | トップページ | BIRDER9月号本日発売!&ホビーズ先行発売!谷口高司 レンズ&メガネ拭き 正面顔の野鳥Ver.3 »

小笠原航路に行ってきました&航路に役立つグッズ紹介

小笠原に行ってきました。そして4時間の滞在で、すぐに帰ってきました

そう、航路の往復のみをやってきたのです!
鳥果が乏しいので、航路探鳥に便利なグッズも紹介します。

Aimg_20170806_132037r

-------------------------------

今回は8/5~7の日程で、台風5号の合間を縫うような形での乗船となりました。

「台風5号がとんでもない海鳥を運んできているかも」との淡い思いがありましたが、写真付きで紹介できるのはアナドリとオナガミズナギドリ、カツオドリくらい....。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
アナドリは合計で約300羽を観察。

Ajv1a9227

オナガミズナギドリは2日目の小笠原周辺のみですが、約2000羽をカウントしました。
初日はオオミズナギドリばかりですが、海域で入れ替わるのが面白いですね。

Ajv1a9119

カツオドリも小笠原の海域が中心でした。いつもと同じように、船と併走してトビウオを狙ってました。

Ajv1a8647

シロハラミズナギドリは合計で20羽ほどで、あまり近くでは撮影できませんでした。

Ajv1a9351

また写真は撮れなかったものの、アオツラカツオドリ、シラオネッタイチョウ、セグロミズナギドリ、ヒメシロハラミズナギドリを観察しました。

さらに断定はできませんでしたが、アシナガウミツバメと思われる個体も観察しました。

ちなみにちなみに、アオツラもシラオも帰りの三宅島沖だったので、この時期は八丈航路でもよいかもしれませんね。

-------------------------------

9月には硫黄島クルーズもありますし、秋の北海道周辺では、ミナミオナガやカワリシロハラなども期待できるようになります。

そこで、航路探鳥に便利なグッズを紹介します。

航路で三種の神器的なものが、①携帯イス、②S字フック、③サンダルです。

Img_20170806_151024r

船のデッキはしぶきなどで濡れますから、ザックなどはS字フックで吊します。耐荷重があればどんなものでも構いませんが、フックをかける手すりの幅も考慮下さいね。

そして航路探鳥を代表するイスがこれ、ウォークスツールです。
脚は2段で伸び縮みしますし、座面が大きく安定しています。
高さも45cm又は55cmと充分あるので、足腰の負担も軽減します。
座面がメッシュなので風通しもいいですし、夏でも蒸れにくくなっています。
ホビーズのヒット商品ですから、ぜひ店頭でお試し下さいね。
●ウォークスツール45cm http://www.hobbysworld.com/item/00080213/
●ウォークスツール55cm http://www.hobbysworld.com/item/00080214/

そして最後にサンダルですが、船内ではトイレやシャワー、食事など、頻繁に部屋から出ることがあります。
そんな時に便利なのがサンダルなのです。とくにシャワー時には少し濡れますので、水気を弾くサンダルは本当に便利です。
しかし個人的には、ゴム草履はあまりお薦めしません。それは、船内とデッキの移動が頻繁にある鳥見のシーンでは、脚を怪我する危険性があるためです。
たとえばデッキに出るドアには、こんな注意書きがあります。

Amg_20170807_125326

そう、風向きや風の強さによっては、この扉自体が凶器となり得るのです。
したがってサンダルは、足を覆うクロックスのようなタイプのものが安心です。

Img_6859

しかしこのタイプのサンダルでも安心はできません。
濡れたデッキは滑りやすくなりますので、ご使用の際には充分に注意して下さいネ!

Yosinari_3

« 井の頭公園の生き物がぎっしり200種詰まった「井の頭公園いきもの図鑑」、入荷しました! | トップページ | BIRDER9月号本日発売!&ホビーズ先行発売!谷口高司 レンズ&メガネ拭き 正面顔の野鳥Ver.3 »

探鳥記」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ