最近のコメント

最近のトラックバック

« 小さい耳にはわけがある!けど、大きな角には意味がない?「Zooっとたのしー!動物園」発売! | トップページ | 8月号のBIRDERは誌上初!インコ・オウム特集! »

コーワ新型スコープ発売!選択肢がうんと増えたスコープ選び!あなたならどれを選ぶ?

色の滲みを低減させる“XDレンズ”搭載のTSN-664MTSN-774と、さらにそれの上を行く“フローライトクリスタル”を奢ったTSN-553/554の登場で、一生モノとも言えるスコープ選びがますます悩ましくなりましたね。

Dscn2085
フィールドではなく、店内での比較となってしまいますが、「どのスコープが自分には向いているのか?」を見極めるお役に立てるようご案内して行きたいと思っています。

コストや見え味でライバルとなるであろう3機種
写真左奥から「TSN-774+TE-11WZ」、「TSN-664M+TE-9Z」、「TSN-554/553※写真は554」を比較してみましょう。

~大きさ・重さ・価格比較~

Dscn2083
上から「TSN-774+TE-11WZ」、「TSN-664M+TE-9Z」、「TSN-554」

比較してみると一番手前にいるのにTSN-550シリーズの短さが際立っています

スペックを見てみると...

・TSN-553(傾斜型)/554(直視型) 重さ810g/800g 全長271mm/288mm ¥172,800(税抜)/¥164,800(税抜)
・TSN-664M+TE-9Z 重さ約1,262g 全長約390mm ¥97,600(税抜)
・TSN-774+TE-11WZ 重さ約1,712g 全長約390mm ¥184,000(税抜)

軽さコンパクトさではTSN-500シリーズが大きくリード!TSN-774+TE-11WZから倍以上も軽い!です。TSN-664M+TE-9Zは66mmという口径を考慮すると健闘しています。

コスト面では、10万円を切るTSN-664M+TE-9Zのコストパフォーマンスの高さが際立ちますTSN-774+TE-11WZとTSN-550の価格差は2万円程、見え味でどの程度差が出るのか気になりますよね。

~口径差は?~

TSN-550シリーズは口径55mm。TSN-660Mシリーズは66mm、TSN-770シリーズは77mmです。

単純に口径が大きくなると明るくなるのは道理ですが、明るい日中では差が分からないもの。デジタルカメラ(iPhone7)ならどう判別するのか店頭で試しました。なるべく同じ条件になるように撮影しています。データは下に記します。

Tsn556677

Exif情報

TSN-553+iPhone7
レンズF値 :F1.8
露出時間:1/317秒

TSN-664M+iPhone7
レンズF値 :F1.8
露出時間:1/363秒

TSN-774+iPhone7
レンズF値 :F1.8
露出時間:1/424秒

口径が大きいほどシャッタースピードが速い!

目で見ては判断がつかないものですが違いが出ました。想像通りかそれ以上の結果でした。

実際に見比べてみると...

実際に店内から覗き比べた限りでは、昼間だということもあるとは思いますが、口径が大きければ大きい分明らかに明るい!と分かるほどの違いは感じられませんでした。

当然じっくり見比べれば口径の大きなTSN-774が一段明るいですが、口径が一番小さなTSN-554だからといって暗く感じることはありませんでした。ワイド側が15倍に低く抑えられていることも影響しているのかもしれません。

とはいえ、チュウヒの塒入りを観察したり、夜明け前など暗所での観察が多いならより口径が大きな「TSN-774+TE-11WZ」が有利になるのは確かです。

そして明るさ以上に違いを感じたのは、視野の広さです。

Dscn2086
写真左から 「TSN-554」、「TSN-664M+TE-9Z」、「TSN-774+TE-11WZ」

実物を比べるとTE-11WZのひとみ径の広さが際立ってます

実視界を比較してみると、

TSN-554 2.5°(15×)~1.3°(45×)
TSN-664M+TE-9Z 1.9°(20×)~1.0°(60×)
TSN-774+TE-11WZ 2.4°(25×)~1.32°(60×)

実際に覗いてみると、TSN-774+TE-11WZの組み合わせがスペック通りひと回り視野がより広く見えます

TSN-554とTSN-664M+TE-9Zで比較すると、口径差をものともせず、同じ倍率では同等レベル。むしろTSN-554の方がワイド側が15倍と倍率が低い分、より視界が広く感じました

~見え味は?~

TSN-664MそしてTSN-774とアイピースのTE-11WZにはXDレンズが採用され、TSN-554はフローライトクリスタル(蛍石)レンズが採用されていることもあり、このクラスでは3機種とも細かい部分まで実にクリアによく見えます

ただフローライトクリスタル(蛍石)レンズによる恩恵なのか定かではありませんが、白い部分を三機種で見比べてみると、TSN-554が他の二機種と比べてごく僅かに寒色系に見える傾向があり、一番白が白っぽくクリアに感じました。

色収差(色滲み)もXDレンズの二機種とも十分に抑制されていますが、白黒コントラストの高い部分では、フローライトクリスタルレンズのTSN-554は色収差(色滲み)がさらに低減されているように感じます。

~操作性は?~

操作性で注目となるのが、ピントを合わせる「フォーカスノブ」の違いでしょう。

TSN-774とTSN-554には、デュアルフォーカスが採用されています。約2回転で全域フォーカス可能なクイックフォーカスと細かいピント調整できるファインフォーカスの2つのピント調節ノブが並んでいるので、ピント調整は実に快適です。

~あなたならどのスコープをえらぶ?~

ズバリ、シチュエーションや使い方によって異なります。

例えば、城ヶ島など陸から海鳥を観察したり、大きな河川、干潟の対岸にいるシギ・チドリ類を観察したい...という場面であれば、最大45倍のTSNTSN-550だとやや物足りないところ。
60倍までズームできるTSN-664+TE-9Zか、60倍でも足りない場合、1.6倍のエクステンダー「TSN-EX16」を使えば最大96倍まで稼げるTSN-774+TE-11WZが最適。
TSN-554は、トラベル用途として遠征先に持って行ったり、撮影メインで合間に観察も楽しみたい、本来ならばスコープを持って行くのを躊躇するような山の上でスコープを使いたいという場面で威力を発揮します。

Dscn2087
三脚などの脚回りも「マンフロット befree live(写真中)」や「ベルボン UT-55(写真下)」など軽量コンパクトタイプで済ませられる点も大きな魅力です。

TSN-664M+TE-9Zは、コストをできるだけ抑えたい、60倍の倍率も確保したいという場合に最適な組み合わせとなりそうです。

使い方、ご予算に合ったスコープ選びを。ご相談も承っております!

Iwamoto

« 小さい耳にはわけがある!けど、大きな角には意味がない?「Zooっとたのしー!動物園」発売! | トップページ | 8月号のBIRDERは誌上初!インコ・オウム特集! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ