最近のコメント

最近のトラックバック

« スワロフスキーキャッシュバックキャンペーン 2/15までです! | トップページ | 【野鳥撮影雑感】オリンパス EM-1markII+300mmF4.0に買い替えてみて感じたこと »

コンパクトで軽量な三脚を検証中です!

三脚(雲台&三脚)はフィールドスコープを使う時に絶対の必須アイテムですが、持ち運びはちょっと面倒ですね。基本的にはスコープはザックに、三脚は別のケースで運搬することがほとんどです。下の画像はスコープコーワTSN-664Mとすでに扱っているニコン FT-1200(右端)マンフロットのbefree live ビデオ三脚キット(右から2番目)とアドバンス三脚 3ウェイフォトキット ADV(中央)と、これはどうかな?と検証中のベルボンの2機種です。

Dscn1083

三脚(雲台&三脚) は運搬を考えると軽くて小さいことに越したことは ないのですが、「フニャフニャ」では満足に使うことが出来ません。“相反”していて難しいのですが、コンパクトでありながら剛性も求めます。

Dscn1084

この2機種はベルボン ウルトレックUT-45(左側)とUT-55(右側)です。縮長が約30cm!とビックリするほど小さくなります。

メーカーからお借りして、どのクラスのスコープが搭載可能か?また三脚の伸縮やロック方法、雲台の操作性など、毎日スタッフがいじくってオススメ!と出来るか検証しています。

※UT-45とUT-55のリンク先はメーカーのWebサイトです。

途中経過ですが、評価は上々です。もちろん店頭に展示していますので、実際に触って試していただけますよ。

Siga_2

« スワロフスキーキャッシュバックキャンペーン 2/15までです! | トップページ | 【野鳥撮影雑感】オリンパス EM-1markII+300mmF4.0に買い替えてみて感じたこと »

観察&撮影機材」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ