最近のコメント

最近のトラックバック

« 「季節を感じる鳥ウォーク ~冬鳥・実践編~」 のご案内 | トップページ | 季節到来!ウメハンドブック入荷しました! »

新春 台湾旅行記 その四

大雪山のあとは、埔里を経由して奥万大~タロコでの探鳥です。

ここでのスターは、キリリとした男前・タイワンシジュウカラ!
この鳥、台湾の西側では見る機会も多くはないんです。

Taiwan

次はクロガシラ。

クロガシラも、台北や台南など西部には生息していないのです。
どうですか、シロガシラと比べると、どことなく品がいいような感じがしませんか?

Kurogasira

ついでに同じヒヨドリの仲間で、クロヒヨドリも紹介します。

黒いボディに赤いくちばしと、赤い足。猫のような声も出します。

Kurohiyo

そしてミミジロチメドリ。

その名の通り、目の後ろの耳にあたるあたりが白いのです。

Mimijiro

実は奥万大もタロコも、予想に反して鳥が少なかったのです。ガイドさんも、先月はあんなにいたのに...というほど、動きがなかったです。急に寒さが増したのでしょうか?

奥万大からタロコへ向かうには、標高3,300m近い地点を経由します。そんな高山にいるのはやはり、イワヒバリですね。さすが高山の鳥だけあり、足下まで寄ってきました。

Iwahi

そして奥万大へ降りていく途中、ある人がバスの中から何かを見つけました(すごい集中力!)。

なんと、全長20cmにも満たないフクロウ・ヒメフクロウだったのです。

さてこの写真、ヒメフクロウはどっちを向いているでしょうか?

Hime

正解は右を向いているのですが、このフクロウの後頭部には目のような模様があり、横から見るとこのように見えるのです。

一応、正面顔も...。

Hime2

その五(最終回)へ続く

< 新春 台湾旅行記 その参

|< 新春 台湾旅行記 その壱

Yosinari

« 「季節を感じる鳥ウォーク ~冬鳥・実践編~」 のご案内 | トップページ | 季節到来!ウメハンドブック入荷しました! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ