最近のコメント

最近のトラックバック

« 【衝撃!】 野鳥全種の写真図鑑がいきなりの新登場 | トップページ | 明治神宮「森の観察会・シンポジウム」のご案内 »

川上和人著:「そもそも島に進化あり」入荷

鳥類学者無謀にも恐竜を語る」で、その面白さと異端ぶり(笑)がすっかり知られるところとなった、川上和人氏の新刊、「そもそも島に進化あり」が入荷しました
Somosomosimanisinkaari_2

最近は恐竜関連の講演も多い川上氏ですが、言うまでもなく本来はバリバリの鳥類学者さん。なかでも永年取り組んでる研究テーマは「島の鳥類」とあって、本書はまさに本領発揮というところです。

「だっては字が似ているのですもの」のつかみから、「ある程度空気抵抗があればそれにこしたことはない。この条件があれば、メリー・ポピンズでなくとも風に乗ることができる」(ちなみにこの章のタイトルは『空も飛べるはず』)、「しかし、このような個体レベルの改造は、進化とはいわない。イケてるシマウマがモヒカン刈りをやめて、ロン毛のウィッグを装ったようなものである」(しかも挿絵つき)などの、的を得ているのかいないのかよくわからない比喩に笑わされつつ、「島」の面白さ、弱さ、そしてすべてひっくるめた魅力に唸るはず。
おすすめです

⇒「そもそも島に進化あり」の詳細・ご注文はこちら

Tuduki

« 【衝撃!】 野鳥全種の写真図鑑がいきなりの新登場 | トップページ | 明治神宮「森の観察会・シンポジウム」のご案内 »

おすすめ書籍」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ