最近のコメント

最近のトラックバック

« 「見る聞くわかる野鳥界―識別編」入荷 | トップページ | 「ツバメ図鑑」のTシャツ&クリアファイル登場! »

レンズカバー オリンパス300mmF4用の三脚座部分は?

お客様からレンズカバー オリンパス300mmF4用 の三脚座の部分はどうなっているの?とお問い合わせがあり内容物を確認してみました。

Dscn9884コマ切れで縫製してあるパーツが5点と幅2.5cmx長さ38cmで裏面が粘着テープになっている帯状のパーツが入っています。

画像では左側にフード用の一番大きいパーツから並べていますが左から4番目のパーツが三脚座を取り外して化粧リングを取り付けた時のもので“手持ち専門”なら使います。

マイクロファーサーズだからレンズが軽い!と言っても重量は約1.5kgあるので、実際の撮影では三脚&時々手持ちが多いでしょう。

三脚座をつける場合はそのパーツは外して、別に入っている粘着テープ式の帯状パーツを三脚座に貼り付けて使うことになりますが、三脚座はどうしても手が行きやすく、貼ったパーツが汚れたり剥がれたりしやすいので、あえて貼らないほうがキレイに使えそうでおススメですよ。

Siga

« 「見る聞くわかる野鳥界―識別編」入荷 | トップページ | 「ツバメ図鑑」のTシャツ&クリアファイル登場! »

お問い合わせに答えます!」カテゴリの記事

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ