最近のコメント

最近のトラックバック

« ファウラの冬号は「コンブ」の特集です! | トップページ | 冬の台湾バーディング 其の弐(台湾本島・高山編) »

冬の台湾バーディング 其の壱(金門島編) 

毎年の恒例行事となった台湾バーディングですが、個人的には今回が18回目となります。

ここ数年はとくに台湾を訪ねるバーダーが増えていますので、今回の結果を簡単にお知らせします。
まずは金門島から...。Kinmon

金門島は台湾から飛行機で1時間ほどかかる場所にあります。というより、中国の厦門(アモイ)が目の前に見える位置といった方がイメージしやすいでしょうか(肉眼でもビルがはっきり見えます)。
つまり、台湾本島とは鳥類相が異なり、大陸系の鳥が見られるのです。

冬の金門島を象徴する鳥がナベコウで、毎年のように11月に飛来します。しかし個体は少なく、多くても数羽程度なので、タイミングによっては見られないことも...。おそらく家族群だと思いますが、今回は幼鳥を含む3羽が観察できました

R_2

 

つぎは、金門島で繁殖している鳥たちです。
日本にも飛来しますが、ヤツガシラは金門島では1日に数羽を観察することができます。
耕作地に降りてエサを探しているところは保護色で気づきにくいですが、電線にとまっている場面もよく見かけます。

 

R_3

 

 

派手なところでは、アオショウビンも結構見られます。カワセミやヤマセミと違い、畑や海辺、牛舎など、どこにでもいるので、とくに探さなくても目に飛び込んできます。同じ仲間のヤマショウビンも少数が越冬していますが、今回は出逢えませんでした

 

R_4

 

 

もうひとつ、派手なところを忘れてました。花に来るエンビタイヨウチョウは、これまででもっともよく見られました。オスのメタリックなブルーやレッドは光線状態によって見え方が異なり、いい角度で見られるととてもきれいですね。割と最近になって見られるようになったので、金門島では増えている種なのかもしれません。

 

R_5

 

 

エレガントなシリーズの代表は、やはりカタグロトビでしょう。トビという日本人の概念を覆す白い出で立ちだけでなく、ホバリングを交えた飛翔も素敵です。

 

最近は台湾本島でも繁殖例が増えており、やがては日本にも本格的に進出してきそうな気がします。

 

Kataguro

 

 

そして、シックな鳥といえばこの鳥....。何だかわかりますか?

 

Takasago

 

実はこの鳥、次の写真と同じ種なんです。そう、タカサゴモズの暗色タイプだったのです。

 

普通のカラフルタイプもきれいですが、暗色タイプも素敵でしたよ (・∀・)イイ!

 

Takasago2

 

ベニバトやハッカチョウは、たくさんいてお腹がいっぱいになります。

 

Benibato

 

Hakkatyou


その反面、たくさんいそうでなかなか見られないのがクビワガラス。そう、金門島のカラスは、白い首輪のあるおしゃれなカラスなのです。

Kubiwagarasu

 

このほかにもシギ・チドリが多数生息している金門島は、鳥の密度もバツグンに多くて楽しい島です。

今回は実質1日半の滞在でしたが、最低で2泊、できれば3泊したいところですね。そうそう、金門島の春~夏は、ハチクイが繁殖していて間近で見られるのですよ。

(冬の台湾バーディング 其の弐(台湾本島・高山編)に続く....)

Yosinari

 

 

 

 

« ファウラの冬号は「コンブ」の特集です! | トップページ | 冬の台湾バーディング 其の弐(台湾本島・高山編) »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ