最近のコメント

最近のトラックバック

« 「日本ワイルドライフアート協会展」 のご案内 | トップページ | 2016年版カレンダーが入荷! »

スワロ新型 EL SV WBシリーズ 試用レポート

すでに速報でお知らせしたように、スワロフスキーELシリーズ双眼鏡がリニュアルされ、9/15に発売となります。現在ホビーズでもご予約を受付中です。

光学系はコーティングが変更されただけ・・・という事前のアナウンスがあったため、大して期待していませんでしたが、デモ機と従来機の比較ができたので紹介致します。
Bu

今回リニュアルされて新発売となるのは以下の6機種ですが、ホビーズで扱うのは、バードウォッチングに適した32mmと42mm口径の計4機種となります。
--(定番)-----------
--(お取り寄せ)-----------

Hikaku1_2

《見え味》
晴天時の日中に、店内から新旧4機種(計8機種)の見え方を比較してみました。
50~200程度先の風景を、日の当たる場所、薄暗い場所など条件を変えて何度も見比べたところ、いずれの機種も新型では透明感が若干増していることが確認されました。
言葉で表現するのは難しいですが、比較すると、感覚的に従来機はほんの気持ち暖色がかって見えるような印象です。
このELシリーズは、当初のELからEL(スワロビジョン・SV)となり、今回のリニュアルでEL(スワロビジョン・SV WB)へと進化してきました。
今回は、ELからEL(スワロビジョン)にリニュアルした時ほど見え味の変化にインパクトはありませんが、ハイレベルな領域でのわずかな差には驚かされました。確実に進化しています!

Hikaku2

 

《外観や形状》
ロゴマークの位置等に変更があるほかは、大きく変わっていません。
仕様で細かくみると、〔8x32 SV WB〕と〔10x32 SV WB〕の幅が110mmから126mm、重さが580gから595gになりました。また、〔8x42 SV WB〕と〔10x42 SV WB〕の幅も122mmから131mmに広がったものの、〔8x42 SV WB〕の重さは835gから800g、〔10x42 SV WB〕の重さは840gから800gになり、予想以上に軽量化されました。

Siyou

《他の変更点》
リニュアルというと、どうしても光学系に注目が集まりがちですが、今回のEL SV WBは使い勝手も向上しています。

●ストラップ
下記の写真でお分かりのように、本体と首にあたるクッション部分の間に紐状の部分があります。そして本体取り付け部にはダイヤルのようなものが...。
そう、本体取り付け部は360°回転するので、紐状の部分との相乗効果により、ストラップのねじれがなくなったのです。このネジ式機構により、取り外しも簡単におこなえるようになりました。

K15_60_el42_stehend_mit_trageriemen
またクッション部の両端には、紐状部分を固定するダイヤルがあり、ここを緩めたり固定することにより、ストラップ自体の長さ調節も容易に行えます。
たとえば、ご夫婦で1つの双眼鏡を使い回したり、観察時と移動時(とくに階段など)でストラップの長さを変えたりするには便利な機構です。

St

●対物レンズキャップ
従来は鏡筒にゴムバンドをはめる形状でしたが、今回は対物レンズ外縁に固定されています。これにより、移動時や使用時に落下する危険性が減り、安心して使用できます。
またフィット感もよく、収納時に外れることも少なそうです。
対物レンズキャップを使わない方は本体から取り外して、取り外した部分にキャップを取り付けておくこともできます。
 

Cap

●接眼レンズキャップ
接眼レンズキャップは左右一体型ですが、少しきつめにぴったりとはまります。
同じような形状はいろいろなメーカーで採用されていますが、前後のレンズキャップともしっかり固定できる機種は少ないので、便利に思う方は多いはずです。
 

Setu

 

《ここがNG》
褒め称えてばかりでしたが、一点だけ注文があります。
製品自体はよく考えられて作られていますが、製品やパッケージに比べて日本語の取説に物足りなさを感じました。とくに、ストラップの取り付け方や長さ調節の方法など、他とは異なるすばらしい機構を採用したのですから、女性や高齢の方にも分かりやすいような取説がほしかったです。

《結論》
ここ数年、光学機器メーカー同士の争いが激しくなり、各社の光学性能は全体的に向上してきました。各社ごとに価格や戦略は異なるものの、旗艦モデルの光学性能に不足を感じることはありません。
今後は、予算や使用するシチュエーション、好みと共に、使い勝手の善し悪しにも注目されてくるのだと思います。今回のスワロフスキーのニューモデルを検証し、改めてそう思いました。

Yosinari

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 「日本ワイルドライフアート協会展」 のご案内 | トップページ | 2016年版カレンダーが入荷! »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ