最近のコメント

最近のトラックバック

« iPhone6用フォトアダプター発表! | トップページ | レンズコートフェア明日までです! »

キャノンパワーショットSX60 お客様の作例から...

だれでも簡単に超望遠撮影ができることで話題のキャノンパワーショットSX60ですが、ホビーズでお求め頂いたお客様(町田市のM様)から作品が届きました。

お寄せ頂いた作品を紹介しながら、ステップアップのポイントも見ていきたいと思います。
まずはカワウです。

Img_1685001_2

カワウといっても、繁殖期を迎えた成鳥はとても綺麗です。黒と白のコントラストに加えて、エメラルドのような緑の眼の美しさは、鳥の中でも際立っています。
構図的には、個体が中央より左よりでやや下にある方がよさそうですが、デジタル画像の場合、構図より先に撮ることを優先してよいと思います。

次のカワウは、首の白色部が薄いので別個体のようですね。

尾羽が切れてしまい、個体自体も左に寄っているので窮屈に感じますが、普通に立ち姿勢で直立した最初の姿勢なら、ちょうどよい構図だったのかと推測されます。

面白い姿勢となり、動きのあるカットですね。カワウの特徴である大きな足のひれも写っています。

Img_1695001

次は、ウソのメスのようです。木の芽を食べているようで、ピントもばっちり(o^-^o)。

周囲に枝がたくさんある場合には、ピントを合わせるのに苦労することもあります。まずは構図より、ピントを優先することを考えることが正解です。

余裕が出たら、少し露出補正をしてみましょう。この写真の場合、ほんの少し(+1/3~2/3)プラスにすると、個体が明るく綺麗に写ったはずです。

Img_2790001

次のアオサギは露出もばっちり

背景が暗いので、個体が浮かび上がって見えます。細い枝が手前にかかっているのがちょっと残念ですが、ほんの少し立ち位置を右に移せていたなら、もう少し枝が顔から離れてすっきりしましたね。

足が写っていませんが、撮影者が動けない理由があったようです。

Img_3057001

次はオオタカの成鳥です。

背景が空だったため、露出補正で+2/3となっていましたが、順光で白い鳥の場合には、このように露出がオーバーとなることが多いようです。

SX60の場合には、露出補正がそのままファインダーに反映されて確認しながら撮影できます。すばやく適正値でシャッターが切れるよう、露出補正の操作は、感覚として身につけておくとよいですね。

ピントは画面中央のクロスするフレームに合っているようですが、個体を中央にしてうまくピントが合わず、意図的に、個体近くのフレームに合わせたのかもしれませんね。個体は端に寄っていますが、オオタカが下をのぞき込むような雰囲気が醸し出されています。

Img_3177001

最後はエナガです。

手前の枝にかかっている残念さより、よくぞ個体にピントが合ったものだと感心しました。

このような条件の場合にはピントが手前の枝に合うことがあります。このような条件でも撮影すべき時には、画面をずらして個体近くの別の枝にフォーカスすると、うまくピントが合うことがあります。

この写真は暗く感じますが、設定ミスか、露出補正がマイナス1となっていました。背景は暗めですが、強い日差しを受けていないこのような条件下では、露出補正はほとんど必要ないと思います。

Img_3224001

以上、改善の余地はあるものの、ここまで撮れていれば、満足いく写真が撮れるのは時間の問題です。

誰でも簡単に撮れる「キャノンパワーショットSX60HS」は、メカに弱いとお嘆きの方、今まで撮影をしたことがないという方にもお勧めできます。

ホビーズワールドでお求めの方には、設定や撮影のコツなどを記した「ホビーズオリジナル虎の巻」をプレゼントさせて頂きま~す。

→「キャノンパワーショットSX60HS」の詳細・ご注文はこちら

Sx60_temotis

Yosinari

« iPhone6用フォトアダプター発表! | トップページ | レンズコートフェア明日までです! »

Hobby'sお客様情報!!」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ