最近のコメント

最近のトラックバック

« ゆったり座れる背もたれ付きの「モンベル チェアワン」入荷しました! | トップページ | カリガネを見に行こう! »

スワロフスキーのiPhone5用アダプターを使ってみました!

ATS65HDに取り付けるとこんな感じです。周囲のバーダーからは普通にデジスコ?と意外に反応は薄かったような。Ip5写真には写っていませんが、iPhone付属のイヤホンのボリュームコントロールボタンを押すとシャッターが切れます。

距離は約20m、対岸のコガモ♂です。Kogamo1この時はラフに手でシャッターを押しています。慎重にリモートでやれば、もう少しブレずに鮮明になったのでは?と感じています。

あと気になったのは、ただでも日中の屋外では見えにくいiPhoneの液晶モニターが傾斜型に付けると尚更厳しかったです。

スワロフスキー PAi5 スマートフォンアダプターは同社製の双眼鏡・スコープにあわせたアダプターリングとのセットで各種用意されています。最初の写真のようにATS/STS/ATM/STM用を買って使っていますが、試しにコーワTSN-884+ズームにあてがいましたが径が異なり(コーワの方が大きい)使えないと判定しました。

あと、iPhone5/5SのOS(基本ソフト)を最新に変えたら、カメラ機能の中に“タイムラプス”と言うのが増えていました。

モノは試しと、自宅2階の東のベランダから、夜明け前後の約50分を撮影したのを以下に貼ります。用意したのは三脚にiPhoneを固定する器具だけ。後はぽちっと押して現場は離れ、そろそろいいかでストップするだけです。

 

約24秒にまとまっています。まだ仕組みが良く分かりませんが、静止画を約4秒間隔(撮影時間で可変するそうです)で撮影したものを動画に編集されたようです。iPhoneの画面サイズなら綺麗に見れるのですが、大きくすると粗いですね。これから色々勉強して、こちらも成果をあげたいな。

Siga_2

« ゆったり座れる背もたれ付きの「モンベル チェアワン」入荷しました! | トップページ | カリガネを見に行こう! »

観察&撮影機材」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ