最近のコメント

最近のトラックバック

« 台湾探鳥・撮影記 with SX60 その2 | トップページ | 台湾探鳥・撮影記 with SX60 その4 »

台湾探鳥・撮影記 with SX60 その3

11/14 阿里山周辺

(紹介している写真は、キャノンのパワーショットSX60HS手持ち撮影したものです)

朝食後にバスで移動し、標高2,500mほどの高山で探鳥。

一番人慣れしていて足元にやってきたのはキンバネホイビー。体もツグミより大きいし、見応え充分です。

Photo

また、さすがに高山だけあって、ホシガラスもかなりいました。

あっ、台湾は暑いから熱帯のイメージしかないかもしれませんが、標高も2000mを超えると、この時期でも気温は5度くらいまで落ちてきます。もちろん、厚手のダウンも持参した方がいいですね。

Photo_2

気候の話ししていたら、うっかり写真を上下逆にしてしまった~~~って、ウソです。綺麗に反転しマツカサをつついてました。

日本と同じように、ゴジュウカラもいます。少し体の色が違いますが、声はよく似ています。

Photo_3

日本でいえば、カヤクグリのような色合いでしょうか。シックなシマドリも少しだけ混じってました。

Photo_4

そして、地鳴きはよく聞こえるも、なかなか落ち着いて姿が見えなかったのがミヤマウグイスです。動きは速いし小さいしで、目視では、この写真のように止まっている姿は見られませんでした。

Photo_5

そして夕方の暗くなる寸前、標高1500mくらいの林縁でムネアカヒタキにチャレンジ。運良く出てきたものの、あたりはすでに暗く、証拠写真しか残せませんでした。もっと明るいときに見たかったですが、次の課題ですね。

Muneaka

バスに戻ると、すでに闇の世界でありました...
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
でも、SX60の実力はたいしたものです。

Yosinari_2

« 台湾探鳥・撮影記 with SX60 その2 | トップページ | 台湾探鳥・撮影記 with SX60 その4 »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ