最近のコメント

最近のトラックバック

« ザハトラー「タッチ&ゴー」に300mm F2.8望遠レンズは載せ難い! | トップページ | 日本カメラ社から"野鳥撮影術"登場 »

スラウェシツアー報告⑤

スラウェシツアー報告もいよいよ最終回です。
~~~~~~~~~~~

ツアーの終盤は、トモホン地区に拠点を移動しました。

ここでなんと、一緒に参加していていた鳥の先輩が、足元にいるナンヨウショビンを発見。
具合が悪そうなので保護してみると、羽翼の翼角近くと脇腹を負傷。
脇腹には直径5mm程度の傷があり、散弾銃のようなもので撃たれた様子。
そういえば、近くで銃を持っている人を見かけ、何を狙っているんだろうと思っていました。

Photo_30

周辺には、元気な別個体も。

Photo_31

この地区は、宿の周辺やマハウの森近くで観察することが多く、割と移動の少ない鳥見でした。どこにでもいたのがムナオビクイナで、山でも畑でも庭先でも観察できました。写真は、湖畔にでてきた2羽。

2

鮮やかな小鳥も多く、セレベスハナドリは普通に観察。

Photo_33

より鮮やかな黄色は、キバラタイヨウチョウ。

Photo_35

真紅のクレナイミツスイにも興奮しました。

Photo_34

もうひとつ、喉だけ赤いノドアカミツスイもバッチリ!

Photo_38

水辺では、オナガガモとヒドリガモの中間的な形態のハイイロガモも観察。

Photo_36

一応トビなんですが、ずいぶんと違って見えますよね。この尾の切れ込みは、一体なに?

Photo_37

最後に、当地区で宿泊したマウンテンビューホテルは夜は涼しく、1日目は冷え込んで風邪をひく人が続出。でも、ベッドのダニも少なく、快適でした。

Photo_39

これにて探鳥終了。
マナド→シンガポール(ジャギ空港)→羽田空港のルートで翌日早朝に帰国となりました。
同行された皆様、お世話になりました

→スラウェシツアー報告①~④はこちらからどうぞ

Yosinari

« ザハトラー「タッチ&ゴー」に300mm F2.8望遠レンズは載せ難い! | トップページ | 日本カメラ社から"野鳥撮影術"登場 »

探鳥記」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ