最近のコメント

最近のトラックバック

« ベンロから75mmボールアダプター新発売! | トップページ | オススメ洋書2冊、入荷しました »

待望の「日本鳥類目録 第7版」が入荷しました

お待たせしました!

日本鳥学会創立100周年を記念して発行されるといわれていた「日本鳥類目録 第7版」が入荷しました

Chouruimokuroku7s

えっ、「黒い表紙で、何の本か分からないですか.....」(゚ー゚;

そもそも鳥類目録とは、その地域で記録された鳥のリストであり、本書はタイトル通り、日本国内で記録された鳥のリストなのです。(目録という言葉自体を耳にする機会が少ないかもしれませんね)

でも、図鑑の構成をみると、アビやカイツブリ、ウの仲間などが最初の方にあり、カラスで締めくくられているものが多いと思いますが、実はこれ、目録の分類順に並んでいるのです。

とにかく、目録が改訂され、鳥屋の世界は大騒ぎしているのです。

たとえば....

ハヤブサ科がタカ目から外れ、タカ目と離れてハヤブサ目に変更されたり、ヤツガシラがサイチョウ目に変更されたり、サギ科がコウノトリ目からペリカン目に変更されたりなどなど、ベテランであればあるほど、その変更の衝撃を感じていることと思います。

もちろん、前版以降に新たに記録された種も追加されており、何度も観察記録のあったオウチュウやハイイロオウチュウ、あまり聞き慣れないミツユビカワセミやキバラガラ、分類が見直されたコムシクイやオオムシクイなど、初めて目に耳にする種も収録されているはずです。

探鳥会のリーダーさんはもちろんのこと、鳥を勉強される方には必携の1冊ですね。

「日本鳥類目録 第7版」は、情報盛りだくさんで、税込5,500円で~す。

« ベンロから75mmボールアダプター新発売! | トップページ | オススメ洋書2冊、入荷しました »

おすすめ書籍」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ