最近のコメント

最近のトラックバック

« 「鳥学会」今年は大坂で開催です。 | トップページ | faura(ファウラ)最新号は“ふくろう”特集 »

今月のバーダーは"迷い鳥"特集です!

迷鳥と聞くと、そわそわ居ても立ってもいられなくなるのがバーダーの性とも言えますが、今月のBIRDERの特集はみんな大好き"迷鳥"にクローズアップ
題して「たまに来る鳥 迷い鳥がわかる!」です

Birder201110m

一口に迷鳥といっても、台風に流されてきたり、近縁種の群れにまぎれてしまったり、渡り途中にトラブルに遭って不時着など、理由は様々あることが分かります。
中でも興味深く感じたのは、分布の拡大を狙っているケース。メスが他のメスとの争いを避ける為に、子育てできる環境かどうか真っ先に新天地に偵察に現れるらしいのです

さて、今月のBIRDERの注目は他にも、野鳥写真家の戸塚学氏がレビュー後に購入に至ったというスワロフスキーの新双眼鏡「CL 8x30」のインプレッションと巻頭を飾るパフィン(ニシツノメドリ)の色鮮やかな写真
実は500mmF4の純正レンズで撮られた写真に混ざって「KOWA 500mmF5.6」を用いた写真も違和感なく掲載されているんです

やはりコーワの500mmの実力は伊達じゃないことを実感せざるを得ません

BIRDER 2011年10月号の詳細はこちら

Iwamoto

« 「鳥学会」今年は大坂で開催です。 | トップページ | faura(ファウラ)最新号は“ふくろう”特集 »

おすすめ書籍」カテゴリの記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ