最近のコメント

最近のトラックバック

« 巣箱について知りたければこの本! | トップページ | 薮内正幸美術館の便箋が入荷しています。 »

コーワ TSN-660+TE-14WD(30倍接眼)とクールピクスP300の相性について

デジタル一眼レフクラスの大画面高精細の3インチ92万ドット液晶が自慢の、人気のデジタルカメラ、ニコンの「クールピクスP300と専用カメラブラケットFSB-8」ですが、コーワのプロミナーTSN-660シリーズ+TE-14WDと組み合わせると、P300のズーム全域で、ケラレもしくは周辺減光(周辺が暗く写る)が消えない状態に陥ってしまいます。

では、TSN-660では、P300をケラレなく使うことができないのか?というと、推奨はできませんが、ケラレを回避する方法があるので、ご紹介します。
※ご案内する方法は、メーカー、当店で推奨する使い方ではありません。場合によっては、カメラの落下の危険性が高まる可能性もございます。あくまで、お客様の自己責任でお試し下さい。

Dscn7489

Dscn7490

写真のように、ターボアダプターP1のアウターリングを1.2cm程後へ下げると、P300の広角側4ステップ~望遠端まで、ケラレ、減光なくお使いいただけるんです。

しかし、このままだとアウターリングがクルクル廻ってしまって使いづらいですよね?

そこで、一工夫必要になります。

Dscn7492

ホームセンターなどで¥500前後で売られているアルミテープの登場です。

このアルミテープを、幅1.2cm×長さ16cm以上に切り取ってP1のリングに巻いてやると、

Dscn7496

この長さで固定することができるんです

【実写画像】広角から4ステップ目

P3004step

【実写画像】望遠端

P300ttan

TSN-660/600ユーザーの方で、どうしてもP300を諦められないという方の非常手段として、参考にしてみて下さい。
何度も言うようですが、メーカー、ホビーズでこの方法を推奨するものではありません。くれぐれもお客様の自己責任として、お試し下さい。

Iwamoto

« 巣箱について知りたければこの本! | トップページ | 薮内正幸美術館の便箋が入荷しています。 »

観察&撮影機材」カテゴリの記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ