最近のコメント

最近のトラックバック

« 「葛西バードウォッチングフェスティバル2011・冬」本日から! | トップページ | 沖縄の野鳥再入荷とおすすめ新入荷書籍 »

CP+で見掛けた、"個人的に"興味深いグッズ紹介!

カメラと映像の情報発信イベントCP+も本日が最終日となりました!昨日CP+の会場に出向いた際に、開場前にぶらり一回りして、興味深い機材やグッズを探してみたので、ご報告します。

110211_102301

まずはキヤノンの新しい500mmF4、600mmF4です。重量が4kg切ったロクヨンも3.2kg弱のゴーヨンも見るからにスリムになった印象です。これは、現行モデルをお持ちの方も買い替えの衝動を抑えられないのではないでしょうか

110211_094601

ハクバのブースにあった撮影の際にレンズの下に敷いてブレを押さえる「カメラ・ざ・ぶとん」です。手持ちで撮る時のブレ抑止としてももちろん、三脚を担ぐ時の肩当てとしても重宝しそう写真のカモフラージュ柄が鳥撮りにマッチしそうです。

110211_095902

ニコンビジョンのブースに参考出品されていたEDG双眼鏡にデジカメを取り付けるアダプターです。EDGの解像力で撮影できるのは、魅力ですね!もしかすると、左側で鳥を導入、観察をしつつ、即、撮影に写れるシステムとして使えそうですね。

モナークにも対応してくれると、初心者が手軽に記録写真を収められるアイテムとして重宝しそうですがどうでしょう。

X100

そして、CP+会場で最も賑わっていたのが、フジフィルムのブース。このクラシック調の外観だけで、所有欲を刺激される「FINEPIX X100」を実際に触れるコーナーが盛況でした。私も触ってきたかったのですが、開場前にも関わらずすでに長蛇の列で、列の横からチラ見するぐらいしかできませんでした

このカメラ、じつは、オプションで49mmのアダプターリングが用意されている上、シャッターボタンには、レリーズを取り付けられる機構を備えていたりと、「もしかしてデジスコで使えるのでは?」と期待してしまうカメラでもあります。
ただ、レンズが35mm単焦点なので、仮に30倍の接眼レンズで使えたとしても焦点距離は1,050mmと物足りない点と実売価格が12万円超である点がネックではあるのですが、一眼並のセンサーサイズでどんな画像が得られるのか、注目してしまいます。

CP+は本日最終日で17時までの開催です!

Iwamoto

« 「葛西バードウォッチングフェスティバル2011・冬」本日から! | トップページ | 沖縄の野鳥再入荷とおすすめ新入荷書籍 »

Hobby'sスタッフレポート」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ